So-net無料ブログ作成

それは突然でした。 [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

この数日、毎年恒例の家庭菜園で苗と種を植えました。
いつも通りのものは、ナス・キュウリピーマン・ニガウリですが、
例年と違うものは、レモンメロンという酸味のあるメロンと万願寺唐辛子と
浅漬け用のよく分からない瓜なんですが、家庭菜園をするついでに、
庭や私道に生えた雑草も刈ったりと。

へそくりと毛髪は減る一方なのに、雑草ばかりは元気に生えて増えます。

それでその草刈りで束になった雑草を抱えた時ですが、
蟻(アリ)が服の中に入り込んで、お腹を刺され(噛まれ?)ました。

蚊に刺されたように赤く、1~2センチ腫れていまして痒いです。
画像はセクシーなので無です。あぁ~痒い。

さて現場です。
DSC_0127.jpg
高圧洗浄が終わった後の陸屋根です。
この現場は本来、3月末から掛かる現場でしたが、突然2月27日の夜に3月末までに
完了してほしいと元受さんから連絡があり、急遽3月2日に作業を始めました。

画像でところどころ砂山がありますが、陸屋根の表面が酸性雨で中性化して
脆弱化したものが高圧洗浄の水圧で取れたり、その他黄砂などの埃や苔です。
陸屋根の面積はおおよそ300㎡程度ですが、この砂状のものが0.9立方メートル出まして、
洗い流すわけにもいかず、高圧洗浄するだけして、後で回収となったときの回収作業の
画像です。

DSC_0128.jpg
この時はまだ足場は無かったので、最上階の廊下天井にあるハッチから屋上に上って
荷下ろしはロープで行っていましたが、この陸屋根は画像上はわかりませんが
うちが改修工事で入った中でも歴代3位に入る状態の悪さで、ちょっとまぁ大変でした。

DSC_0129.jpg
掃き掃除だけでは回収しきれないホコリは流しました。洗浄後の床の肌が
岩礁のようになっていて、しかも残ったのは土成分のような細かい塵埃で、
回収は断念して流してます。

ここまでで延べ人数7人・洗浄機2台使用ですからかなりの作業です。

そして
DSC_0134.jpg
押さえコンの下にダブダブに水が入ってます。
陸屋根のスラブの上にアスファルトなどの防水がすでに施されていて
その上に押さえコンクリートが施されています。
画像で見えるコンクリートの屋上の床は押さえコンですが、
その押さえコンが何らかの理由で歪み、内部のアスファルト防水層との間に
洗浄もしたために相当量水は入ってます。
では洗浄は後にしたほうが、というと、もうそれは鶏が先か卵が先かのお話になるので。

押さえコンが割れていて、乗ると押さえコンに動きが出るようになると
下のアスファルト防水層を傷めます。

コンクリートも経年で歪みや収縮が出るので、雨水などが侵入し、
押さえコンの下に水や砂塵が入ると冬季凍結して、さらに
押さえコンの不陸は出ます。

仕事を抜きにした私個人の思いですが、陸屋根はとにかく維持にお金がかかります。
防水材の単品はそれほどでも無いですが、相当な量を使用することになるので
それに見合った材料費がかかりますし、工程数も多いです。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 20

コメント 2

いっぷく

>コンクリートも経年で歪みや収縮が出るので
建てるときの費用は誰でも考えますが
その後の維持や、建て替えなど先のことは
あまり考えないものなので、
未来永劫そのままというわけではないという
当たり前のことが、結構新鮮な驚きです
by いっぷく (2017-05-08 07:38) 

t-yahiro

いっぷく様 ナイス& コメント誠にありがとうございます。

建てる時の費用は目に見えて分かりやすいのですが、
改修時の予測費用も直しやすい建物というのも
あまり知ることは出来ないですからね。。。
とにかく売れてしまえば全て良しというような風潮は残念です。

いつもお気に掛けて頂きありがとうございます。
by t-yahiro (2017-05-09 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。