So-net無料ブログ作成
検索選択

流し込み2回目 ~拉麺妖精~

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

うちのかみさんは私の健康を考えて、極力手作りご飯にしてくれていて
ありがたいのですが、私自身がたまには外食したくなるので
そういう時は近場のところに食べに行きます。

それで今日は晩御飯でどうしてもラーメンが食べたくなり、
かみさんを説き伏せて、自宅の目の前の八条橋を渡って
珍来というラーメン屋さんへ。

頼んだものが出揃ってモグモグ食べていると、かみさんと娘が
「聞こえるよね(笑)」「そうだね」と話しているので、何かと思うと

らーめん妖精って聞こえない?」と言ってくるので
なんじゃそりゃ と思っていると、店員さんが言ってます。

お客さんが入ってくるたびに
「ら~めんよ~せ~」って。

どうやら「いらっしゃいませ」と言っているのですが、
空耳アワーでもなくはっきりと

「拉麺妖精」

戦闘妖精雪風というのは知っていますが、
ここでは拉麺妖精珍来ということになるのでしょうか。

さて現場です。
DSC_0149 - コピー.jpg
これから防水材の2回目の流し込みを行います。

DSC_0152 - コピー.jpg
1年くらい前もウレタン防水のことで書きましたが、
私は角鏝ではなく使い慣れている土間鏝で行ってます。

そして後日
DSC_0157 - コピー.jpg
トップコートを塗って屋上防水は完了です。

さてこれで今回の屋上防水の記事も完了ですが、
この屋上防水面積がおよそ300㎡に対して、材料原価だけで
車が一台らくに買える金額です。
屋上防水は工程数が外壁塗装に比べて多く、
そもそも材料費が沢山かかります。
防水材1セットや通気緩衝シート1本、それ自体は大きな金額とは
ならないでしょうが、数量を多く使用するので総額が大きいです。

今はいろいろな建物があり、その仕様やデザインも多岐にわたって
住まわれる方や運用される方の夢も広がりますが、
新築する方や中古物件を購入する方は、一時の耳当たりの良い甘言だけではなく、
その仕様により将来的に発生するメンテナンス費用が安いと感じるものなのか
とてもじゃないが割に合わない仕様なのか、
はたまたその改修により将来的に再発生するメンテナンス費用が安いと感じるものなのか
とてもじゃないが割に合わない仕様なのか、
一度情報を集めてよくご検討される方が良いのかなと思います。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。







nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

流し込み1回目 [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

このまえある方、許可を頂いていないのでこの記事上では匿名の方とさせていただきますが、
高い所はどうやって慣れますか?というご質問を頂いた折、
「体幹を鍛えると」などとちょっとズレた回答をしてしまったのですが。

その直後からなんで自分は高い所で0.07mm以上の塗膜厚の確保とか、
立ち上がり板金の背が低いと雨水が遡上しちゃうから、、、、とか
考えてるのかなぁと、気になり初めまして。

出た答えは「仕事であるから」です。
事業所の信用レベルなんて個人事業所ですから、トヨタ自動車のボルト一本にも
及ばないですし、社会保障なんてトヨタ自治区の存在ですら感じ取れないほど
遠いですし。

死なないために死ぬほどの努力をする。
これが高い所に慣れる秘訣で、私の唯一の取り柄です。
(それならせめてブログ毎日更新しようぜ☆)

さて現場です。
DSCN1113.jpg
これは材料ですが、電動ウインチで荷揚げします。
もう少し㎡数が大きい陸屋根ですと、メーカーから専用機を搭載した車両で来てもらって
その機械で材料を撹拌しながら屋上にホースでダバダバと圧送できるのですが、
ちょっとその車両で来てもらうのには若干㎡数が少なかったので、
ウインチで荷揚げです。

そして
DSC_0148 - コピー.jpg
流し込みます。ウレタン防水です。
普段は撹拌1.5・雑用兼空き缶荷下げ1・流し込み(コテで均す)1.5くらいで
人員の采配をしますが、今回は雑用兼荷下げに回せる人がいなかったので
撹拌係の娘はかなりプレッシャーだったようです。
でもこういうプレッシャーを感じる仕事というのは、家族経営では
普段家族がサポートしてしまい感じることが少ないので、良い経験だったとは思います。

そしてこの前日にトラックが修理になってしまったので、
空き缶を持ち替えるのに、現場で缶を潰して、乗用車(いわゆる奥さん買い物車)に
積んで帰るのが結構大変でした。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

塗ってから貼ります [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

映画が見たいときは自転車で行ける距離に映画館があるので
雨の日なんかは朝一観に行くのですが、なんせ三郷市ですから
話題性のあるような映画しか上映されないわけでして。

最近気になっているのが「ジェーン・ドゥの解剖」という映画で
たしかもうじき上映されるのですが、上映映画館を調べたら

 新宿です。

私、電車で新宿に行けないので断念します。


さて現場です。(少し前に終わった現場です)
DSC_0136.jpg
透明のシーラー(下塗り)なので、なんだかわかりませんが、
とりあえず塗ってあります。

このシーラーを塗った日は曇りで、翌日は雨でした。
予報でも雨という感じでしたが、塗っておいた理由は、
下地調整材がセメント系なので、吸水してしまうため、そうすると乾燥のため
数日置かないとだめになってしまい、工期がただでさえないので
一度はとにかくシーラーを塗って吸水防止のためです。

ただシーラーもプライマーも大体の物が、乾燥後、その塗面に直接
雨が掛ると効力が低下するので、雨が止んだ後、雨しずくを掃って乾燥させて
もう一度シーラーを塗ります。今回の場合はこれが最善策でした。

そして
DSC_0139.jpg
自着通気緩衝シートを貼ります。

このシート、裏側はどうなっているかというと、
DSC_0216.jpg
こうなってます。阿弥陀くじのような、迷路のような、ワッフル柄のところは
サラサラしてますが、黒く光ったタイル柄のところはベトベトのブチルという
自着性のある材質になってます。
ウレタン防水に限らず、押さえコンのところは、押さえコンの下の湿気・水気があると
早期に剥がれや膨れを起こします。
脱気工法は目地で脱気しますが、これは押さえコンのクラックからの
蒸気やピンポールからの、面による脱気です。
このシートの迷路のような箇所は接着性がなく、面での脱気をするためのものです。

そして
DSCN1112.jpg
自着通気緩衝シートを全部貼って、端部や貼り合わせた部分に
専用テープで張り付けて止めて、

DSC_0143.jpg
目地脱気と面脱気のための脱気筒を要所要所に取り付けて

DSC_0145.jpg
DSC_0146.jpg
架台や立ち上がりなどを先に、立ち上がり用防水材で決めておきます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

つっこめ [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

必ずです、必ず。
ブログを書き掛けているときに、あ、画像をアップロードしようと思い、
画像を縮小してモジモジしているときに

「インターネットエクスプローラーは停止しました」

書き掛けがパーですよ、消えてしまう前は地政学と
偽旗作戦と憲法第21条など難しいことを書いていましたが(嘘)

さて現場です。
DSC_0122.jpg
画像中央に見える白い紐状のものは、スポンジ質の物で
目地底部(みぞの底)にこれから行うシーリングの材料が落ち込まないように
するためのものです。みぞの底の部分でも脱気する道にします。
1滴の水は気化(水蒸気)するとたしか1600倍くらいに膨張するので
押さえコンの下の湿気を逃がすための脱気です。
このスポンジ状の丸いバックアップ材をみぞの底部に隙間を空ける様に
突っ込みます。

DSC_0124.jpg
そしてプライマーを塗り

DSC_0131.jpg
この材料、2液型のポリウレタンのシーリング材で

DSC_0130.jpg
目地(みぞ)の部分を充填して、平らに平らに押さえます。

それでこの後、待ちに待った足場を立てるための準備で、
DSC_0132.jpg
立ち上がり部分を補強シートを間に挟みながらウレタン防水材を
ゴムべらで塗り付けていきます。
なんでここが先かというと、この立ち上がり部分で足場を固定するために、
先に立ち上がりの防水層までやっておかないと、あとでとてつもなく
面倒になるためです。この立ち上がり部分は足場がたった後は
トップコート程度で済むようにしておきます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ひっこぬき [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

最近テレビで、ペットとして猫が注目されているなんて見ました。
猫は物ではなく生き物で、喜怒哀楽はありますし、さみしくなると犬のように
まとわりついてきます。

私自身流行にはほとんど乗らないタイプではありますが、この猫人気が一過性の流行ではなく、
家族として迎え入れた以上は命を命として捉えて、
その命の終わりまで向き合ってほしいなぁと思います。

さて現場です。(ちょっと前に終わった現場の内容です)
DSC_0115.jpg
下地調整材のカチオンワンが固まったところで、プラスチックの既設目地材を
引っこ抜いていきます。

DSC_0116.jpg
この作業を下地調整材の塗り付け後に行ったのは、目地内に下地調整材が
流れ落ちるのを防ぎたかったからです。

そして
DSC_0120.jpg
目地材の撤去時に目地内に落ちた下地調整材のカスや、
もともと既設目地材の隙間から目地内に落ちて入り込んでいた
塵埃を掃除機で綺麗に吸い取ります。この現場は掃除機の使用率がとにかく高く、

掃除のフレンズだね☆

ほらほら、この通り無理に流行に乗ろうとすると色々とおかしなことになります。

この現場は今のところ3記事ですが、実際には結構日にちは掛かってます。
振り返ればここまでで全体の半分の労力です。
このころは押さえコンの不具合や電気等の設備の不備などが重なり、
かなりまいってました。着地点の見えない現場というか。
このシリーズはもう少し続きます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。





nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

しごき [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

昨日は車検のために車両を車検工場に持っていきました。
ちょっと前に燃料漏れがあったので、入念に見て欲しいとお願いして、
ただそれだと日数もかかるだろうと思いました。

仕事があるために、代車があったほうが良いので代車をお願いしたのですが、
なんとそれが新車でございまして。

代車とはいえ貸してもらう車ですので、汚せないですし。
ですので、走行するうえで法令に適合している車なら、出来るだけ汚れて
古いのがよかったのですが、塗装屋の仕事着はかなりカラフルですので、
できるだけ何というかくたびれた代車がよかったのですが、
とはいえ古い代車でも貸してもらう車ですので気を使いますが、
それでも塗装屋に新車の代車というのはちょっと。。。

代車がなければ無いで文句を言って(実際は言ってません)、あればあるで
新車だと文句を言う。私はそういう人間です。。。

でもやはり新型は機能が満載で良いですね。
今の車両にはもう少し頑張ってもらいます。

さて現場です。
前記事の続きですが、陸屋根の平場(床部分)が荒れた状態というのは
現地調査時から想定済みだったので
DSC_0130.jpg
下地調整材です。セメント系の材料で、プレミックスと言い、
すでに調合済みで、水だけ規定量入れて練れば使用できるものです。
この段階ではまだ足場は無いので、共用廊下の60センチ角の天井ハッチから
屋上に全部手揚げです。
この材料はカチオンワンという品名で、薄付用です。

DSC_0111.jpg

一度平場を鏝(コテ)でしごいた後、立ち上がり部分を含めて全体的に
さらにローラーやゴムべらで塗り付けます。
素地が荒れすぎていたのと厚み確保のためです。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

それは突然でした。 [埼玉県で防水1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

この数日、毎年恒例の家庭菜園で苗と種を植えました。
いつも通りのものは、ナス・キュウリピーマン・ニガウリですが、
例年と違うものは、レモンメロンという酸味のあるメロンと万願寺唐辛子と
浅漬け用のよく分からない瓜なんですが、家庭菜園をするついでに、
庭や私道に生えた雑草も刈ったりと。

へそくりと毛髪は減る一方なのに、雑草ばかりは元気に生えて増えます。

それでその草刈りで束になった雑草を抱えた時ですが、
蟻(アリ)が服の中に入り込んで、お腹を刺され(噛まれ?)ました。

蚊に刺されたように赤く、1~2センチ腫れていまして痒いです。
画像はセクシーなので無です。あぁ~痒い。

さて現場です。
DSC_0127.jpg
高圧洗浄が終わった後の陸屋根です。
この現場は本来、3月末から掛かる現場でしたが、突然2月27日の夜に3月末までに
完了してほしいと元受さんから連絡があり、急遽3月2日に作業を始めました。

画像でところどころ砂山がありますが、陸屋根の表面が酸性雨で中性化して
脆弱化したものが高圧洗浄の水圧で取れたり、その他黄砂などの埃や苔です。
陸屋根の面積はおおよそ300㎡程度ですが、この砂状のものが0.9立方メートル出まして、
洗い流すわけにもいかず、高圧洗浄するだけして、後で回収となったときの回収作業の
画像です。

DSC_0128.jpg
この時はまだ足場は無かったので、最上階の廊下天井にあるハッチから屋上に上って
荷下ろしはロープで行っていましたが、この陸屋根は画像上はわかりませんが
うちが改修工事で入った中でも歴代3位に入る状態の悪さで、ちょっとまぁ大変でした。

DSC_0129.jpg
掃き掃除だけでは回収しきれないホコリは流しました。洗浄後の床の肌が
岩礁のようになっていて、しかも残ったのは土成分のような細かい塵埃で、
回収は断念して流してます。

ここまでで延べ人数7人・洗浄機2台使用ですからかなりの作業です。

そして
DSC_0134.jpg
押さえコンの下にダブダブに水が入ってます。
陸屋根のスラブの上にアスファルトなどの防水がすでに施されていて
その上に押さえコンクリートが施されています。
画像で見えるコンクリートの屋上の床は押さえコンですが、
その押さえコンが何らかの理由で歪み、内部のアスファルト防水層との間に
洗浄もしたために相当量水は入ってます。
では洗浄は後にしたほうが、というと、もうそれは鶏が先か卵が先かのお話になるので。

押さえコンが割れていて、乗ると押さえコンに動きが出るようになると
下のアスファルト防水層を傷めます。

コンクリートも経年で歪みや収縮が出るので、雨水などが侵入し、
押さえコンの下に水や砂塵が入ると冬季凍結して、さらに
押さえコンの不陸は出ます。

仕事を抜きにした私個人の思いですが、陸屋根はとにかく維持にお金がかかります。
防水材の単品はそれほどでも無いですが、相当な量を使用することになるので
それに見合った材料費がかかりますし、工程数も多いです。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2月の現場 [塗替え]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

ところでこの連休中、息子夫婦が遊びに来ました。
孫は生後7か月ですが、ハイハイもしますし、つかまり立ちもするんです。
今の子って早いんですかね。ちょっとびっくりです。

結婚式はせずに写真だけにしようかなと言っていたのですが、
沖縄に行って夫婦だけで式を挙げて撮影もすることになったようで、夫婦(+孫)だけで
行くんだろうなぁなんて思っていたら、「親父たちも来いよ」と言い出したので
多分息子のお嫁さんが気を使ってくれて、そのように言ってくれたんだなぁと思います。

そしてその息子のお嫁さんが孫とともに私に話しかけてくるとき、
私は「じーたん」と呼ばれています。

さて2月の現場です。
DSC_0078.jpg
軽カル板に浸透性2液型エポキシシーラーを塗っています。

DSC_0083.jpg
パターンを付けます。

そして
DSC_0097.jpg
この箇所、出窓からの内部結露でサイディングが傷んでしまったので

DSC_0098.jpg
先ほどのケイカル板を適寸でカットして部分的に張り替えです。
本来は軽カル板は雨掛かりの部分には適さず、室内や軒天などに使用しますが、
お施主様からのご希望で、次に塗り替えを考えるころには多分この家には住んでいないから、
過度に手を加えない方向でいいよとのことでしたので。

そしていきなり完成です。
DSC_0108.jpg
この現場は10数年前に塗り替えをご依頼いただいておりましてリピーター様です。
再度ご依頼いただいたのはとても嬉しい限りです。

その10数年前、この現場の前は雑木林を兼ねたヘビ林でして、
数匹の青大将が床に引いたシートの上にとぐろを巻いて、日向ぼっこをしていましたが、
今では雑木林も無くなり、近所にコンビニも出来てかなり街並みも変わっていました。

この現場は2月の中ごろから下旬までお仕事していましたが、
足場を解体してすぐにあの現場が突如として始まったのです。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。




nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

栃木県の現場は完了してます。 [塗替え]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

ブログを書いているみなさん。
書いている途中で突然フリーズするなどのトラブルで
書き掛けがパーになるとガッカリしませんか?

この数分前、突然そのようになりがっかりです。くぅ~

さて忙しい忙しいなんて言いながらも、この連休はなんとかお休みできまして
あぁ~やっとお休みだぁ、なんて思えるのも連休初日の午前中の数時間くらいで、
        
          退屈です

今まで慌ただしかったせいもあってか、手持無沙汰で大した用もないのに、
確認済みなのに在庫確認したり、結局倉庫と事務室を行ったり来たりになっているので
何だか仕事なのかお休みなのか分からなくなっちゃったので、
前から見たかった映画を見に行きました。

GHOST IN THESHELL(ゴーストインシェル)です。
もちろんお目当ては主演のスカーレットヨハンソン、ではなく
原作の士郎正宗さんの漫画は見ていたので興味本位というか。

現在公開中の映画ですので内容はお話しできませんが、
私の感想は、一部ネット上でみられる批評とほぼ同類で、
原作を知らない人であれば楽しめるのかなという感じはしました。

原作を知っている人も、もしかしたら良いかも知れないです。
このブレードランナー女ロボコップ。

さてさて現場です。1月の終わりから2月の中ごろまで栃木県でしたが、
3施工前.JPG
全体像はこのような感じですが、

DSCN1043.JPG
シーリングは傷みきってます。

DSCN1065.jpg
洗浄して

8シーリング打ち替え撤去.jpg
既存シーリングを撤去して

DSCN1067.jpg
プライマーを塗ってシーリングを打ち替えて

私の住んでいる埼玉県とはちょっと気温が低めの地域なので
アレスポリマーレジン外壁下塗り用(外壁全体に使用).jpg
外壁サイディングに使用する下塗りがエポキシ系だと低温障害という
エラーが出るときがあるかもしれないので、画像のウレタン系の下塗り材で

13下塗りアレスポリマーレジン塗装後.jpg
塗って

DSC_0077.jpg
仕上げています。


とりあえず次回は2月のお話になる予定です。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

※追記
始めはビジネスホテルに宿泊する予定でしたが、現場周辺地域は
栃木県の蔵の街という観光地になっているような、酒蔵が立ち並ぶ地域で
やっと取れたのが、現場から車で片道40分離れた場所にあるビジネスホテルに
なってしまったので1泊だけして後は通いました。
3日間は無補給・換装することが無いように重装備にしましたが、
片道40分かけてビジネスホテルに宿泊するならと通いましたが、
娘は娘で宿泊出張は良い経験になったようです。




nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

めちゃくちゃでした。 [雑感]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋のぽっちゃり親方です。

ご無沙汰しております。
もう忙しくてめちゃくちゃでした。うちでは下請けに丸投げすることもしないですし、
人員も多くないので過度な受注はしないというのと、
キャパシティーを越えるとうちの唯一の持ち味の納得できるまで手をかけて
仕事をするというのが出来なくなるので、多くは受注せずに
お待ちいただくかごめんなさいとしてしまうのですが、
前記事の直後から非常に立て込んでしまい、毎日毎日まずいなぁ、どうしようか、
うわぁ洗浄したらこんな不具合が出てきた。。。というのが重なり。

3月と4月は特に最悪で、トラックの下側から謎の油が垂れて
まぁ搬出入用の車両ですから、材料かなにかこぼれたのかななんて
思っていると、エンジンの真横に付いている燃料ホースにひびが入っていて
加熱したエンジンの外側に燃料がビュービューかかっていることが判明し、
トラックはその場で緊急修理になり。

私は私で、ある日現場で応援に来てもらっている同業仲間と休憩中に話しているときに、
みんなが豚足の話をしていて、あぁ~食べたいなぁと思い、その日の晩に
焼肉屋さんで豚足を食べたことが原因のようで、食中毒に。

うちでは朝昼晩、家族全員同じものを食べていて、その豚足だけ唯一私一人だけが
食べた物でして、ですので多分原因は豚足です。
潜伏期間から発症するまでは元気そのものでしたが、発症時にものすごい寒気がして、
あれ、風邪でも引いたのかなぁまだ忙しいのに困ったなぁと思っていると、
その晩からトイレに一時間ごとに行くようになり、水を飲んでもトイレに行くありさまで。

カンピロバクターだったのですが、発症後数日は医者に行く間もなく気合で耐えましたが、
意識が飛びそうになるときがあり、高熱が出ていたので熱失神の手前なのだろうと
感じていましたが、やっと医者に行ったときには、ひげはボーボーに伸び、
寒気がしたので上着で着て行った衣服は事務処理をするときに普段着ている
袖口も襟首も汚いもので、髪の毛はぼさぼさ。

診てくれた方は女医さんでしたが、
「えぇ~っとね北島さん・・・点滴したり検便するのも、まぁ健康保険に入っているからだけど
それでも何百円か、、、診察料もあるから何千円か掛っちゃうけど・・・・
えぇ~っと、住んでいるところは記載された住所・・・?
結婚はしてたり・・・お子さんは・・・とかは・・・?
う~ん・・・お金・・・持ってるのかなぁ・・・なんて(苦笑い)」
そんな感じで医師にも体調以外にもご心配いただきまして。

完治して最後の診察時にも
「えぇ~っとね北島さん・・・古くなって腐った物とかね・・まぁ道に落ちている物を
食べちゃったりねぇ・・・そういうことしてもまた食中毒になったり・・な~んて思ったり、
だからちょっと気を付けたほうが良いのかなぁ・・なんて(苦笑い)」
こんな感じでした。

とにかく初診時の風貌がすごい状態になってましたし、
なんか誤解されちゃったかな、なんて今では笑い話ですが、
とにもかくにも、この2017年の1~4月は一生忘れられない出来事でした。

今日は本当に雑感です。
1480205524161.jpg
最後に我が家のてんてん。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。