So-net無料ブログ作成
検索選択

賃貸物件塗替え~埼玉県某所~ [塗替え]

どうも三郷の塗装店の親方です。

KR施工前1.JPG

更新しない間、この物件の塗替えをしてました。

KR施工前2.JPG

今年の夏はピークの暑さはさほど・・・と体感的には

思いましたが、連日連日とどまることを知らずに

毎日暑い日が続きました。この現場付近はお盆休み前の

8月10日辺りに日中少し雨が降って、それ以降は

9月に入ってからだったと思います。

とにかく熱かったです。

KRシート貼り付け後3.JPG

KRシート貼り付け後2.JPG

KR完成.JPG

今回は真夏の集合住宅塗装という事で

塗装間隔(インターバル)を維持しながら

最短の時間で完了させるということで

一点もので塗装機器の製作を依頼しました。

その機器の原案と一応の原型は私が制作して

現物は埼玉川口市の「谷製作所」さんに

依頼したので私の独断でその機器の

使用中画像を載せる事が出来ないと思うので

いきなり完成写真でごめんなさいね。

KR完成1.JPG

KR完成2.JPG

KR完成3.JPG

KR受水層完成(サ).JPG

KR駐輪場完成(サ).JPG

谷製作所さんのホームページもあるので

一点もので何か金属加工の制作を

お考えの方は一度ご連絡されてみてはいかがでしょうか。

ただですね、実例も実績も無いものを依頼する場合には

完成後使用時に思いも寄らない結果が出る場合も

ありますし、実例が無いプロトタイプの制作は

費用も全く持って不明です。

谷製作所さんの代表の谷さんにご依頼したい方は

使用目的を明確にして、どのような形状が望ましくて

必要制作費の内訳を理解できて、完成品に対して

自己の発案であると責任を持てる人のみにしてくださいね。

実は私この機器の製作依頼を10数件の製作所に

相談しましたが、取り合ってもらえず困っていて

やっと相談に乗ってもらえてしかも私でも理解できる

必要制作費の内訳を提示してもらって

お人柄も良い人なのでご理解くださいね。

KR折板屋根施工前3.JPG

こちらの画像は同じ建築会社さんが建てた

近所の同じ規格の建物です。

内容は屋根ボルト(折板屋根固定用のボルト)の防錆目的のキャップ撤去と

高圧洗浄・ケレン・塗装・新ボルトキャップ取り付けです。

KR折板屋根ボルトキャップ撤去中6.JPG

ボルトキャップを外していつも思うことは

交換費用(材工込み)の割りに

防錆効果は高いナァと思います。

なまじがむしゃらにケレンしてアポリーブライト塗って

サビ止・上塗り2回とかよりよっぽど低価格ですし

効果効果もあるんじゃないかなぁと思います。

が、業者によっては違うかも知れないので

これから・・・と思う方はその業者とよく打ち合わせして下さいね。

KR折板屋根完成.JPG

これは完成後です。この屋根も塗装用具の製作を

一点もので依頼したので作業中の写真はご容赦くださいね。

この屋根は短期工期を依頼されたわけではなく

真夏に折板屋根で長時間作業は出来ないので

専用のものを制作依頼して使用しました。

真夏に折板屋根で作業をする皆さんは

過酷さが解りますよね笑

おかげで普通のサウナは暑くもなんとも感じない

へんな体質になりました笑

まだまだ暑い日が続きますので皆さんもお体に気をつけてくださいね。




nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:住宅

タイトル未定 [塗替え]

どうも三郷市の塗装店の親方です。

ちょっと最近疲れ気味でブログのモチベーションが上がりません。。。

朝晩はすっかり寒くなりましたね。日中の気温は外で働く人たちにとって

ベストな気温になったのではないでしょうか。

さてさて、先月の10月上旬から下旬まで

KR2施工前1.JPG

KR2施工前8.JPG

KR2施工前11.JPG

この現場でした。本当は9月上旬着工~下旬完了でしたが

もちろん当店事情ではなく

「着工できない事態にある」ことが着工前日に判明し

前日に出来る事は「とにかく一度は中止」にしなくては

ならない状態にあることをお施主さんに報告し

延期という形の指示を頂いて10月に工事となりました。

KR2屋根洗浄前2.JPG

KR2屋根洗浄中5.JPG

KR2屋根下塗後4.JPG

KR2屋根完了後4.JPG

こんな感じで作業を進めました。と、いっても

肝心の作業画像はアップしてないのでわかり辛いですね。

すみません。。。

この屋根も、

高圧洗浄→ケレン→アポリーブライト(タッチアップ)→下塗→仕上げです。

最後にボルトキャップを嵌めました。

KR2足場組み立て中3.JPG

足場を立てて

その後いきなり

KR2完成13.JPG

KR2完成9.JPG

KR2完成2.JPG

完成写真です。

この現場は以前同じ色で塗装した集合住宅

同じオーナー様なんですね。ですので同じ色になりました。

立地も真隣なんですよね、実は。

アップできる写真がかなり少なくてすみません。

提出用の写真自体少ないので。。。

普通このくらいの現場だとかなりの写真が

必要なんですけどね。

この現場のALC外壁の塗装には

圧送機をエアレスにして(ローラー装着ではなく)

下・中・上の3工程全て吹きました。

吹いた理由は冒頭の「着工できない事態」に関係してるのですが、

そのお話しは割愛です♪

吹いた後の土間養生の画像が

KR2養生撤去後7.JPG

これです。

この画像の地面を養生してあるところを見ると

判りますかね。。。。

塗料の霧(ミスト)が掛かってますよねぇ

このミスト発生が「吹き付けの塗膜は薄いのか厚いのか」の

議論の真犯人の1つなんですが

このお話しはいずれのお話しで。。。

では今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。







nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

久々に塗装記事 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

お盆休みで皆様おくつろぎでしょうか。

こういう連休の時こそ、お出掛け記事なんでしょうけど

相変わらず時節をわきまえず申し訳ありません。

いい加減塗装記事を書かないとカテゴリー移動しないと

まずそうかなぁ。。。なんて思いましたので。

松戸市F様邸施工前A.jpg

こちらのお客様はご高齢の1人暮らしのおばあちゃんでした。

ご主人を30数年前に亡くされ、女手一つで3人のお嬢様をお育てになられ、

「家のこと考えるどころじゃなかったのよね笑」と。

お気持ちよく分ります。大変苦労をなされてきたんですよね。

以前の塗装はご主人がはしごでDIYで行ったとのことです。

切妻付近まで塗装してあって、(はしごでよくやったなぁ~)と思っていると、

お亡くなりになったご主人様はイギリスの方ということで、

欧米の人たちはご家族でDIYをする文化があると聞いた事があるので、

そうことなのかなぁと思いました。

1人を除いてお嬢さんたちは海外に嫁いでいるのですが、3月11日の震災後、

亀戸に住んでいるお嬢さんの呼びかけで、実家に戻ってみると

震災の影響でクラックが出来ていたり、鉄製バルコニーが錆びて倒壊寸前だったり

松戸市F様邸施工前B.jpg

お施主様はお体を悪くされているので、使わなくなったものを捨てるのが

大変で不用品が貯まっていたりと色々と問題があったため取壊して、

亀戸のお嬢さん宅で同居しようとお話しされたとのことですが、

亡きご主人と苦労をして手に入れて

お子さん達を女手一つで育てながら守り通した家ですから、

思い入れも大きく同居をお断りになったようです。

お施主様(おばあちゃん)の弟さん(加藤さん)がエクステリアの仕事をしていて、

私と面識があった為、お嬢さんたちの「誰かなんとかしてくれる人を紹介して」との

呼びかけで当店が行って来ました。

(この記事は長くなりそうなので、ちょっと分けますごめんなさい)

今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

久々に塗装記事2 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

こうも天気がいいとお盆休み返上で現場に行きたいのですが

そうもいきません。天気のいじわる笑

今回は前記事の続きです。

松戸市F様邸施工前A.jpg

「あと何十年も済む家ではないから」ということで

必要最低限のご提案にしました。

洗浄前5.jpg

北面は特に剥がれてきていて、お隣さんに剥がれた塗膜が

パラパラとフケのように落ちてきてしまって、お施主さんは大変気にされていらっしゃいましたが、

当のお隣さんはお互い様だから良いのよと明るく仰っていました。

今回は下塗にシーラーを塗ってない事が原因ですが、DIYで今のように

情報が少ない30数年前であれば、こうなってしまうのも頷けますし

現代でもホームセンターで買い物するのは知識がないと

難しい面がありますよね。

以前、最寄の警察署から捜査協力ということでホームセンターで

購入したシンナーの是非について専門家の意見を聞きたいというのもありましたし。。。

話しがズレました。

手で触ってもパラパラ落ちる部分もあったので、ご近所様のご理解の下、

洗浄中5-1.jpg

高圧洗浄で落としました。メッシュシートは2重です。

ちょっとピンボケているので、(ネット上に自分自身が乗るのは、、、私は2枚目ではないので)

洗浄中5-2.jpg

腕のところを見ると剥がれた塗膜と、脆弱化した外壁のモルタル。

洗浄中5.jpg

これは途中です。

こんなにはっきりと落とせてしまいます。

ホームセンターで塗料を買うときは「直接塗れます・下塗不要」と書いてあっても

一概には言えませんが、「下塗はしないで下さい」と書いてある以外は

塗った方が無難です。

工事用の掃除機で剥がれ落ちたカスを吸い取りましたが、

70リットルのゴミ袋2つ分出ました。

あと鉄製バルコニーと正面鉄製手摺りは錆びて倒壊脱落の危険性が

あったので撤去。その部分にあった開口部(窓)は危険なので固定して開かないようにしました。

ついでに3×1(m)の門扉も撤去。

バルコニー撤去後.jpg

火花が出ると危険なのでセーバソーで切断(塗装に関係ない道具がうちには結構あるのです・・)。

その部分にあった開口部(窓)は危険なので固定して開かないようにしました。

松戸市F様邸施工前B.jpg

飾り壁施工前.jpg

ここは見た目を改善してほしいとのことで、費用も抑える方法で、

飾り壁施工中.jpg

胴縁をいれて下地を貼って、

飾り壁施工後.jpg

角波板(普通の波板だとちょっとなぁ。。と思ったので)を貼ってコーナー役物を付けました。

部分的にタイル調のサイディングでも。。と思ったのですが、

重量を軽くしたかったのでトタン角波板にしました。

壁左官前1.jpg

バルコニーが錆びて朽ちて、取り付け部の外壁に負荷が懸かって

予想以上にクラックが入り、モルタルも落ちていたので

壁左官後1.jpg

あと

壁左官前2.jpg

奥のほう、外壁(ラス網から)落ちてしまっているのを

シーラー後.jpg

ラス網を張ってモルタル用密着材を塗って左官をしてこういう感じで直して、

縦方向に外壁が濡れているように見えるのは、浸透性エポキシシーラーです。

壁面が脆弱化していたので、固めるために塗りました。

松戸市F様邸施工前D.jpg

シーラー後下塗り中3.jpg

白く見えるのは、各塗料メーカーから出ている微弾性フィラーです。

サビケン.jpg

木部は皮膜タイプの旧塗膜を完全剥離してステイン系の塗装すると

剥離費用だけで高額になってしまうので、塗りつぶし(画像は下塗)。

鉄部は弱溶剤1液エポキシサビ止(画像は下塗)。

塗装完了後.jpg

DSCN0522.jpg

このようになりました。

初めからだと

松戸市F様邸施工前A.jpg

このお家が

DSCN0525.jpg

こうなりました。

塗装以外の工事や不用品13立方メートルが大変でしたが、

お施主さんの笑顔が見れて大変良かったです。

最後に

DSCN0521.jpg

我が家のダラケた猫です。

今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。

















nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

トタン屋根壁塗装 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

お久しぶりです、すっかり寒くなってきましたね。

トラックの荷台シートに溜まった雨水が明け方、

こおり.jpg

凍りました。

そして業務的には

現調1.jpg

現調2.jpg

現調3.jpg

こちらの倉庫のトタン屋根とトタン壁を塗装してます。

娘の焼いた、

ぱん.jpg

パンをお弁当に仕事してます。

本日もお付き合いありがとうございました。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

松戸市某所で塗替え [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

すっかり寒くなりました。私でさえも寒さを感じます。

さて最近は埼玉県三郷市のお隣の千葉県松戸市で

N様邸着工前1.jpg

N様邸着工前2.jpg

N様邸着工前3.jpg

この建物の塗替え工事をしてました。

左側チョーキング除去後1.jpg

外壁のチョーキングや

破風ケレン前.jpg

破風板の塗膜の剥れが目立ちます。

足場組み立て中資料画像.jpg

足場組み立て中です。

外壁洗浄中定点6.jpg

スロープ洗浄中.jpg

外壁やスロープの高圧洗浄

この日は朝、みぞれ交じりの雨が降りとても寒かったです。

そしていきなり

塗装完了後1.jpg

塗装完了後2.jpg

塗装完了後3.jpg

塗装完了後4.jpg

今月20日(火)に足場を解体して完了です。

今回もお付き合い頂きまして有難うございました。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

松戸市某所で塗替え~前記事の続き~ [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

今日は前記事の続きです。

今日足場を解体し完了しました。

今回もかなり一現場あたりの記事が少ないので

ビフォーアフターでお見せしたいと思います。

N様邸着工前1.jpg

N様邸施工後1.jpg

N様邸着工前2.jpg

N様邸施工後2.jpg

N様邸着工前4.jpg

N様邸施工後4.jpg

明け方みぞれの降る日もありましたが、本日完了しました。

年明けの1月10日にこの現場から20数メートル先の建物の塗替えです。

年内は細かい作業で終了予定です。

今回もお付き合い頂きましてありがとうございました。


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

千葉県某所で塗替えその1 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

すっかり遅くなってしまいましたが

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

年末から風邪をこじらせて寝込んでいました。

せっかくご訪問頂いたのにお伺いもせず

皆様申し訳ありませんでした。

さて、昨日から埼玉県三郷市のお隣の千葉県松戸市で

施工前1.jpg

こちらの工事が始まりました。

今日は高圧洗浄でした。

こちらの現場は屋根(スレート化粧屋根)の塗装もあるので

屋根の高圧洗浄もしました。

屋根洗浄前1.jpg

洗浄前です。

屋根洗浄中2.jpg

洗浄中です。

屋根洗浄前後.jpg

洗浄したところと、これから洗浄するところです。

屋根洗浄奥.jpg

画像のおくのほうの屋根は洗浄した後です。

数日乾燥させて塗装します。

本日もお付き合い頂きましてありがとうございました。



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

千葉県某所で塗替えその2 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

今日は前記事の現場でバルコニー床のFRP防水をしてきました。

防水面プライマー塗布.jpg

プライマーを塗って

脱泡中2.jpg

樹脂→マット→樹脂の後、

専用の脱泡ローラーと言う道具で樹脂が硬化する前に泡を抜いている最中です。

明日はケレン方法の件で緊急の呼び出しがあり

埼玉県某所に行きます。

本日もお付き合い頂きましてありがとうございました。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所でサイディング住宅塗り替え その1 [塗替え]

どうも 三郷市の塗装店の親方です。

お久しぶりです。この「久」という漢字、数あるブログの中でも

当ブログの使用率は中々高いのではないでしょうか(開き直り)

今回の記事はまだ寒さが身に染みるころ、うちのホームページにお問い合わせいただいた

お客様の工事記事です。すっごい久々の記事です。

DSCN2038.JPG

サイディングの外壁で、サイディングが色違いの同柄のものが貼ってあると思っていたら

同色同柄で製造ロット違いによるものか、経年による退色に違いが出ていました。

シーリング部分はかなり傷んでいましたが、新築施工時に2液型シーリング材の撹拌不良による、

未硬化部分があり水飴状の粘土のところがありました。

シーリング施工と外壁塗り替えと玄関ドアとスレート化粧屋根塗装のご相談を承りましたが、

屋根は以前の記事でも書きましたが、絶対に塗らないといけないというわけでも

なかったのですが、一部屋根に足を掛けないと外壁塗装ができない個所があり

今回塗装をしておかないと、スレート化粧屋根が脆弱化して

次の10数年後、塗り替えるときにその屋根の部分に足を掛けると屋根材が割れるかな・・・と

思いましたので、その旨をご説明(書類と口頭)して、少しの期間が開いてご契約となりました。

DSCN1700.JPG

玄関ドア(ごめんなさい施工中の画像です)は、モール部分と枠は木、フラット部分はスチールと

いった仕様になっていました。この建物の立地として、玄関ドアに南風を伴った雨が降ると

ドア自体結構濡れてしまい、日当たりも良好ですので、痛みが強いです。

以前の記事にも書きましたが、木の部分の塗装は長持ちしにくいです。

スチール自体はサビを出させないと錆びにくいです。・・・わかりにくい言い方ですね汗

鉄は一度錆びると再度同じ部分が錆びやすいです。重度に錆びるとサンドブラストで

ケレンしても再発錆しやすいです。

軟鉄などはディスクグラインダーに切削砥石をつけて錆びた部分が

少しえぐれる位、金属地肌が出るまでケレンすると錆びにくくなりますが、

玄関ドアの表面をそこまで削るとパテ処理でもちょっと・・・と

思いますが、まだこのスチール部分はサビが出てなかったです。

ただ、水性塗料がDIYで塗られていました、デコデコに。

パテで総しごきしてもよさそうですが、

(まだスチールの上に塗られた水性塗膜の上にポリパテをしごくというのはやったことはないです、

大冒険のような気がして。そのうち倉庫でテスト材で試してみます)

水性塗膜ってサンドペーパーが掛けづらいので、水性塗膜部分のみ剥がすことにしました。

剥離剤で剥がすと下地の塗膜まで剥がれるので別の薬品を使ってます。

その薬品は企業秘密です。ごめんなさい。

ただ先ほどもお話ししましたが、塗装したとしても長持ちしにくいです。

複合素材ってコントロールが難しいです。

ですのでこのドアの施工は材工サービスにしました。

今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。

(つづきの記事は多分明日です。多分・・・)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。