So-net無料ブログ作成
検索選択
塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1 ブログトップ

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-1 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

映画はたまに見ます。大体はツタヤで借りたDVDですが、
映画館が近くにあることもあり、娘と大体二人で見に行きます。
かみさんはというと、私とは見たいと思う映画のジャンルがまるで違うので
まず一緒に見に行くことはありません。
かみさんはフランス映画のようなものが好きですが、私と娘は
分かりやすいアベンジャーズとかゴジラみたいなのが好みです。

最近ちょこっと聞いた話だと、現在連載中の漫画のテラフォーマーズが
実写化されるそうですが、アニメや漫画を実写化すると失敗するという
通例がありますが、第2の新造人間キャシャーンにならないように。

さて現場です。
前回記事までの建物の隣に建っている
DSCN0070.jpg
この建物ですが、

DSCN0089.jpg
一部軒天に支障があるので

DSCN0321.jpg
剥がして張り替えです。

そして
DSCN0387.jpg
足場を立てました(数日前の作業内容です)。
お客様の期待を裏切らない仕上がりにしたいです。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-2 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

最近天気が悪すぎて堪りません。
去年の気象庁の同月データを見ると降雨日に関しては
それほど日数に差はないように見えますが、降雨量は今年のほうが
多いように見えます。今年はやはり雨が多いのでしょうか。

さて現場です。
雨が多く、凄い苦戦してます。賃貸物件ですので、入居者の方は
ベランダ部分の使用が制限されてしまうので、こちらとしても
短期決戦で臨みたいのですが、雨には勝てません。
DSCN0407.jpg
毎回そうですが、洗浄日は晴天です。

DSCN0410.jpg
建物が大きいのと、この建物も前回同様に洗浄時に既存塗膜が
剥がれるので洗浄機は2台体制で洗浄します。

DSCN0413.jpg
DSCN0416.jpg
そして、天気が安定したのはこの洗浄日まででした。
このあと苦労することになるとは思いもしなかったのです。
(この記事の内容は半月くらい前の内容です)

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-3 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

北海道は降雪で大変なようです。
雪国と言えど、雪はやはり困るでしょう。雨とは違い、残りますからね。
明日、埼玉県三郷市は昼過ぎから雨と予報が出ていますが、
昼前は気温が10度以上になっても降雨時から気温が下がり始め、
10度を下回るようです。みなさん暖かい服装でお出かけを。

さて現場です。
前回とほぼ同じ内容ですので飛ばしていきます。
高圧洗浄作業日に、ベランダ床が洗浄水で湿潤している段階で
DSCN0418.jpg
勾配を確認して

DSCN0419.jpg
勾配調整です。
前回の建物も勾配が悪いかなぁ・・・と思ったのですが、
こちらの建物は酷過ぎというか、部分的な個所で全くの逆勾配ですので調整しました。

そして翌週。
今月に入ってからまとまった晴れが続かない状態でして、
塗装はもとより、塗装前の養生作業(ビニールやガムテープ
非塗装物に塗料が付かないようにすること。 )も躊躇うような日もありましたので、
DSCN0377.jpg
DSCN0379.jpg
お客様との打ち合わせで、着工前では様々な問題で現地調査出来ない個所の不具合は、
別相談という形で進めていましたので網戸の不具合がありましたので張り替えです。
アルミサッシの網戸枠を外してから張り替えのほうが楽だよと言う方も居ますが、
私は個人的にそのまま取り付けた状態のほうが張り替えやすいです。

と張り替え作業を行っていたら、晴れ間が見えてきたので、
娘に指令を出して、私と二人で急遽養生作業に切り替えました。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-4 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

世の中には値上げというものがあります。
各業界切実な理由で値上げがあるのでしょうが、塗装業界も塗料メーカーなどから
「原油価格上昇に伴い・・・」とか書類が送られてくることがあります。
現在は円安状態が続いており、為替変動的な要素も塗料価格に転嫁されることも
ありますが、今は原油価格が安値なので、今のところは拮抗状態の様です。

ただ、中東でなんかあったりすると、メーカーなどからの書面には、
露骨には掛かれていませんが「原油価格高騰・・・」と書かれた書類がたまに来ます。

その原油価格高騰どころではない問題として、
いまトルコとロシアがちょっとまぁ不味い状態と申しますか、やられたロシアが
今度はトルコの列車を攻撃したとかトルコ側の報道機関が発表しているようで、
トルコは西側のNATOに加盟していることもあり、原油価格高騰どころか
西側も東側も原潜でSLBMを搭載しているので、嫌な世の中だなぁなんて
思うわけですが、ロシアはそもそも普段から周り近所に領空侵犯し過ぎです。

さて現場です。
DSCN0420.jpg
軒天が塗り終わった後、外壁の下塗りをして
DSCN0422.jpg
中塗りをして
DSCN0425.jpg
上塗りをして
DSCN0431.jpg
ベランダ腰壁のサイディング部分の下塗りをして
DSCN0432.jpg
中塗りをして、上塗りをして
DSCN0439.jpg
ベランダ床の防水のための下塗りをして
DSCN0445.jpg
ガラスマットを張り付けながら、不飽和ポリエステル樹脂を塗って
DSCN0452.jpg
FRP防水層の出来上がりです。
そして
DSCN0455.jpg
トップコート(上塗り)です。

最近はFRPトップコートの再塗装で、別の材質を安価な代替えとして
使用することを提案される場合もあるかも知れませんが、
個人的には専用のFRPトップコートを再塗装する方が良いのだろうと思います。
と、いうのも、トップコートだけではなく、その下の防水層(ガラスマットの部分)に
異常が出た場合、専用ではない代替えトップコートが塗ってある場合、
FRPガラスマットを用いた防水層改修が困難になるケースがありますので、
予算を考えてみてなんとかなりそうなら専用トップコートで再塗装するほうが
良いのかも知れません。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。







nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-5 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

みなさんは白米派ですか?それともパン派ですか?
私はもりもり白米派です。
白米の方はみなさん大体炊飯器でご飯を炊くと思います。我が家も炊飯器ですが、
つい最近まで使用していた炊飯器なんですが、炊き上がりは美味しいです。

ただ、

保温状態で数時間経つと、鼻がねじ曲がるくらい悪臭を発するようになったのです。
その悪臭はというと、糠の強烈な臭いです。新米でも保温してしまうと
臭いが出てしまい、食べきる量で炊くか、残れば保温を切るようにしたり
工夫をしていたのですが、それでもたまーに保温にしてしまい、
臭すぎて食べることが出来ず米を捨てることになり、

家内「あんた炊飯器に何かした?」
娘 「パパ、お米に何かした?」

日本よ、これが冤罪だ!

それまで使用していた炊飯器や、保温時の激臭について娘がネットで検索すると、
どうやら炊飯器が原因の様でした。
炊き上がり重視や、保温性能重視などのタイプがあるようで、
それまで使用していたのは炊き上がり重視のタイプのようで、
評判を見てみると、使用年数が経つと悪臭を発するようになるなどと、
ネットではそのような口コミがあったようで、新調しました、保温重視に。

でも最近は医者からカロリーは気にしなくていいから量を控えなさいよ、
と言われているのであまり食べてはいけないんですけどね。。。

さて現場です。
DSCN0367.jpg
前回同様なのですが、やはり既存でボルトキャップが付いています。

DSCN0381.jpg
そしてボルトキャップを取り外します。この屋根は折板屋根という屋根ですが、
屋根材を保持するために、下地のタイトフレームという部材からボルトが飛び出ていて
そのボルトに屋根材を座金とナットで固定していますが、そのボルトの発錆を抑制するために
ボルトキャップを取り付けている屋根もあります。
もちろんボルトキャップを取り付けていない屋根もあります。
ネジになっている部分は発錆を抑制することは出来ますが、座金とナットは
ボルトキャップの構造上発錆を抑制するのは難しいです。
既存のボルトキャップは撤去交換です。
ボルトの上部先端などは錆びても影響は少ないと思うのですが、
座金とナットの発錆を抑制するものが塗料くらいしか無いと言うのが
この折板屋根の特徴といえば特徴です。
あくまでも個人的な感想ですが、私はこの屋根は自宅に使用したくありません。
このあと、ケレンして塗装です。

そして
DSCN0457.jpg
DSCN0460.jpg
DSCN0395.JPG
共用部の塗装です。

そして
DSCN0393.jpg
足場を立てている段階で分かっていたことで、出窓の

DSCN0391.jpg
天板の先端シール(コーキング)が切れています。

DSCN0392.jpg
シール打ち替えです。この天先シールからの雨漏りは結構あります。
コーキングで雨仕舞をするというのは如何なものかと常々思う所があり。。。

尻切れトンボですが、
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。







nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-6 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

もう一か月切りましたね、クリスマスまで。
私は女心というか、被塗装物以外の気持ちに疎い所がありますので、
ダイレクトに何が欲しいのか聞いています。
そうするとリラックマとかいう熊の人形が、猫のフードを聞いてるものが欲しいと言うので
アマゾンで探してみると、非常に種類が多くむしろ聞かなきゃよかったと思えるほどです。
もう熊の人形が欲しいのか猫の人形が欲しいのかわかりません。

さて現場です。
DSCN0464.jpg
板金笠木の重ね部分のシーリングです。ここ近年、雨漏りの工事の
第一位がこの部分からです。板金笠木が悪いと言うのではなく、
ハゼ折りと言いますが、(こちらのお客様に参考品を提出する関係で
近日中に作成する予定ですが、、、)そのハゼ折りがなく平繋ぎだと
雨漏りしやすいです。

DSCN0469.jpg
そしてプライマーです。鉄製ですのでサビ止めが様式美ですが、
製品時、この手すりは制作メーカーから電着塗装という塗膜で出荷されていて
1回目の塗り替えの時に下塗り無しの状態で塗装されてしまっていて、
塗着強度が極端に低いです。

再度塗装するためには、その塗着強度の低い既存塗膜を剥がすことが
絶対的なセオリーですが、ただこの手すりのような簡単な形状のものですと
新規制作し適切な塗装を工場内で行い、交換したほうが、
既存塗膜を剥がして塗装しなおすよりも、ある程度数が纏まれば安価です。

塗着強度の低い既存塗膜の上に塗膜厚が厚くなるような塗装をすると
その新たな塗膜の乾燥収縮に引っ張られ、さらに剥がれやすくなります。
それで厚みが付かないように、部分的にプライマーを塗っています。

そして
DSCN0400.jpg
通路外側の排水溝の下塗りをして

DSCN0406.jpg
いろいろと仕上げて共用廊下側も終わりです。
あとは足場を解体したり、足場を組むために駐輪場を移動したので
復旧したり、明日明後日で完了です。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で賃貸物件塗り替えB-7 [塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

来月から12月です。私がまだ子供のころは、年末になるとひったくりや窃盗、
怨恨などによる事件が多くなる感じでしたが、近年は金銭目的でもなく、
怨恨でもないような事件が普段から多くなったような気がします。
年末だから物騒なんて言ってられない近頃ですが、年末ですし
皆様防犯を心掛けてくださいね。

さて現場です。

本日は足場を解体しましたが、駐輪場の復旧もありました。
足場を立てるため、駐輪場から自転車を出し入れしにくくなってしまうので、
敷地内のフェンスを一部取り外して
DSCN0362.jpg
仮設歩道を作って、仮設駐輪場まで
入居者の方にご足労いただいておりましたが、そのフェンスを取り外す時に
フェンスの支柱が折れていることに気が付いていたので、

DSCN0414 (2).jpg
コアドリルで穴を空けました。うちのコアドリルだと有効穿孔長が足りず
古い支柱の残りは抜けない感じがしたので、隣に穴を空けました。
支柱自体、自宅のフェンス工事の余りであると言うのと、
うちにある道具で出来てしまう、ついでのおまけ工事だったので
古い支柱の埋設部分は残してしまいました。。

そもそもなんでこんなものを持っているかというと、
エアコン工事の時に外壁に穴を空けるのに必要な時があり、
うちでは専門でエアコン工事を行っている訳ではありませんが、
外壁塗装時に移設を頼まれたり、移設しなければ塗装できないときや
外壁を貫通している冷媒管の穴からの雨漏り工事などの時に使用しています。

DSCN0476.jpg
こんな感じですね。以前は折れかけていた支柱をビスで止めていたので
すこしは良くなったとは思います。

そして
DSCN0071.jpg
施工前がこんな感じだったのが、

DSCN0481.jpg
DSCN0484.jpg
こうなりました。
来月からは、川口市と台東区です。またしばらくブログはお休みしてしまいます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。




nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
塗り替え賃貸物件埼玉県某所B-1 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。