So-net無料ブログ作成
都内防水2 ブログトップ

年明け早々フル稼働 [都内防水2]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

ご無沙汰しております。
年明け早々ショックなことは、デビッドボウイが亡くなったこと。
う~んとてもショック。。。
享年69歳ということで、あの人もそんな年齢になっていたんだなぁと
思いながら、自分の青春の思い出が次々と失われていく感じですが、
あの人の残したものは残りますからね。

さて現場です。
DSCN0459.jpg
去年の年末に高圧洗浄をしておいた屋上です。
洗浄後すぐには次の作業が出来ないのと、年末年始の直前に
洗浄した場合、不測の事態が発生すると、対応が難しくなるので
12月10日あたりに洗浄しておきました。

それでこの画像の賽の目状に黒ずんでいるところに目地材が入っているのですが、
その目地材がうちの道具ですんなり抜けるか試そうと、今月の5日に
現場に行ってとりあえず試で1メートルくらい引き抜いてみると、水が入ってまして
「ありゃりゃりゃりゃりゃ!こりゃ今すぐ目地材を全部抜かなきゃ!」
となりまして、
DSCN0460.jpg
とりあえず全部抜きました。
人はあまりに驚くと、その現実を否定したいために真顔になります。
その状態でも雨漏りしないのは、コンクリート躯体の屋上床の上に
アスファルト防水が1次防水として施工されていて
さらにその上に画像の緑色に塗られている押さえコンクリートが
打設されているためです。

DSCN0462.jpg
それで引き抜いた後ですが、砂埃がみっちり詰まっています。
先ほど目地材と言いましたが、それを残したまま以前は防水をしてしまっていたので
その目地材が動いて隙間が出来て、中に埃が詰まった感じだと思います。

DSCN0465.jpg
それでこの5日の日はある程度まで目地の中を清掃して帰りました。
数日は乾燥させたかったのと、電気工事が葛飾区で入っていたので、
葛飾区に行っていました。

この目地材は屋上伸縮目地とかエラスタイトと検索すると山ほど出てきます。
これを残したまま防水すると目地材が浮き上がったり
その防水材が割れたりするので撤去したほうが無難です。
この現場は押さえコンの上に施工されている2次防水のウレタン防水自体が
とても薄く塗られていたので、伸縮目地の取り外しは比較的容易でしたが、
伸縮目地を残したままウレタン防水の厚みをつけられてしまった場合は
目地材の取り外しがちょっと大変になるのと、目地材を残した場合、
大体短期間で目地部分の防水材がおかしなことになるので、
伸縮目地を残したまま2次防水施工するくらいなら、初めから2次防水なんて
しないほうがマシじゃないかなぁと個人的には思います。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

みぞみぞみぞみぞ [都内防水2]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

うちの娘は毎朝、寝ぼけているのもありはっきりと話をしません。
私がちょっと邪魔な位置に居ると、「プップー」とかクラクションの意味でしょうか、
そんな擬音ぽいことしかしゃべりません。
でも今朝は、
「ねぇーパパ!みぞみぞみぞみぞ、みぞれが降っちゃってるよ!」
人はあまりに驚くと真顔になります。

そして今日は現場作業は中止にしましたが、今の現場で使用している材料が
A液とB液を混ぜることによって固める反応硬化型の材料なので、
昨日までの作業範囲の材料に不具合が起きてないかの確認のために
一旦現場に行って、そのあと産廃を処分しに行ったりの一日でした。
何しろ一斗缶と小缶のセットで51セットも使用したので、
自宅横の倉庫がゴミ屋敷になってしまったので。

さて現場です。過日の内容です。
DSCN0465.jpg
前記事で伸縮目地材の入っていたみぞを再度清掃し、

DSCN0467.jpg
バックアップ材を入れます。溝の一番下までは押し付けません。
結露や湿気を通す道を作るためです。脱気工法と言います。
FRPやその他の防水でも脱気工法は行うことはありますが、
今回行うウレタン防水は、一次防水付近に湿気があると
防水材がとにかく果てしなく尽きることなく飽きることなく膨れるので
どんなに最低でも脱気工法にしたほうが良いです。

DSCN0610.jpg
そしてプライマーを塗って

DSCN0468.jpg
シーリングします。
使用したシーリングはサンスターというメーカーのペンギンシール989typeNB(速乾型)です。
なんでペンギンシールというのかは不明です。
原材料にペンギンは使用していないことは確実ですが。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

必要なのはそれじゃない [都内防水2]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

塗料を撹拌する時は、量が多い時は攪拌機・ミキサーを使用しますが、
建物や現場によっては100Vの電源を確保できないケースがあるんです。
いろんなケースによって発電機や、仮設電源を設置したりしますが、
それもちょっとまずいなぁ・・・というときもありまして。

充電工具で国内シェアの高いメーカーと言えばマキタや日立がありますが、
マキタに至っては充電コーヒーメーカーとか、充電ルンバ(自動掃除機)なんて
最近出したりしてますが、必要なのはそれじゃない。
コンクリートを練りたいとは言わないから、せめて高粘度塗料を撹拌できる
充電ミキサー出してよ、と思います。

充電インパクトドライバーや充電ドリルに付けられる撹拌用の羽もありますが、
高粘度や一度に撹拌する量が多い時は力不足です。
ましてや2液型ウレタン防水材となるとかなり厳密に撹拌しないと
硬化不良をすぐに起こすので手での撹拌は以ての外です。

今どきドリップコーヒーならコンビニで事足りますし、自動掃除機程度で
清掃ができるほどホコリの少ない現場なんて無いでしょうに。

最近のインパクトドライバーなんて、まるでガンダムに出てくるザクです。
高機動型ザクⅡ・ザクⅡJ型・ザクⅡF型・ザクⅡ改・・・・・
いや、インパクトの種類のほうがザクよりも多い。

ザクとは違うのだよ!充電ミキサー出してくれ!

さて、ひとしきり発作が治まったところで現場です。
DSCN0623.jpg
このガラスクロスを補強材として使用しながら

DSCN0611.jpg
賽の目状に色が変わっているところに張り付けながらウレタン防水を
しておきます。脱気するためのミゾの上の防水材の破断を起こしにくくするためです。

この現場から200mくらい移動したところにある建物も同時に同じ作業を
していましたが、そちらのほうが電源に問題がありまして、
この記事の現場では至る所に電源があったので楽でしたが、
なかなか電源の取れない現場もあるのでマキタさん何とかして、
コーヒーメーカーより売れると思うから。(他力本願)

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

タイトル未定 [都内防水2]

どうも 埼玉県三郷市の塗装屋の親方です。

みなさまはブログの記事タイトルは毎回困りませんか?
私は楽をするために現場作業の内容に沿って記事タイトルを決めてしまうんですが、
今回みたいにみぞみぞみぞとか必要なのはそれじゃないとかにしてしまうと、
次回からまた面白タイトルにしようとかスケベ心が作用して、でも結局アイディアが出ないで
今回みたいにタイトル未定とかになります。

アイディアもロマンスもあり余ってないので仕方ないですね。
まぁロマンスがあり余ってしまうと泣きながら会見になってしまうので
枯れ果てた今がちょうどよいです。

さて現場です。
脱気が出来るようにした後、全面にプライマーを塗って
DSCN0615.jpg
ウレタン防水材をコテで塗ります。通常は角コテですが、私は床の場合、
土間鏝のほうが慣れているので土間ゴテです。

材料はダイフレックスというメーカーのコスミックPro12という材料です。
コテが慣れない人は他社メーカーでローラーで出来るものもあります。
あとは大きな金ヘラに1.0~1.5mmの針金を巻いておいて
ウレタン防水の厚みを均一化する方法もあります。

ただ、ウレタン防水もそうですが、塗膜防水自体慣れない人が行うと
その作業時もそうですが、次回の改修の時にとんでもない労力がかかることになる
ケースもあるので、DIYの防水は何とも言えません。

この作業を2回行います。

そして硬化したら
DSCN0622.jpg
トップコートを塗ります。

DSCN0630.jpg
今回の一連の記事の現場がこちらで、

DSCN0635.jpg
すぐ近くの現場がこれです。

脱気脱気とお話ししましたが、
DSCN0628.jpg
この筒から結露などで膨張した空気が排出されます。
排出されないと、防水層が膨れたりします。

DSCN0638.jpg
中はこんな感じですが、見えにくいですね。
前々回の記事か何かで、白いひも状のスポンジを詰めた溝の下から
膨張した湿気がこの筒から排出されるようになります。
脱気工法と言います。

もうちょっと手を掛けたいこともあったのですが、発注者様と
数か月お打ち合わせをしてこの内容に決まりました。
本来はウレタン防水のコテ作業の前に床全面に通気性のあるシートを張っておいたり、
全面にガラスクロスを張ったほうが良いです。

この現場は実はおととい完了しています。本日は発注者様をお連れして
完了確認をしていただいたり、来週半ばから始まる現場の近隣挨拶や
エクステリア工事のお見積もりだったりと事務的な内容の一日でした。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
都内防水2 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。