So-net無料ブログ作成

完成したんですが。 [DIYになるのでしょうか。]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

今日は前振りでうちの太った禿猫、そのお話かと思っていたのですが
今さっき人様のブログを訪問していたときに感じたことがありました。
いっぷくさんの国の制度の周知という点で、ごく最近義母が
支援2になったのですが、役所に行ったところ
いきなりこっち(役所)に話持ってくんな。と言わんばかりの
言われようで、地域にそういう話持っていくところがあるからまずそっちだろ、と。
普段ブログ上では、塗装屋に似合わずお淑やかで可憐、白雪似合う冬の妖精のような
キャラクターで通してますが、思わず、しらねーから来たんだろ知ってたら来ねーよと
言い返しそうになったのはここだけの話です。

さて現場という名のDIYです。
DSC_0381.JPG
はじめはこんな感じだったのが

DSC_0439.JPG
こんな風になってます。
あまり変わっていない、というか変わりにくいようにしたのですが、
たまにうちに来る方たちは、たしかに綺麗になってるけど
塗装とは思えない感じで、既製化粧材を取り付けたように
思えるというのが感想の様です。
障子が破けていますが、これはわざとで飼い猫の
習性の周回警備行動のために穴を空けてあります。

自宅というのと、息子は息子で実家には戻る気はないようですし、
娘は良い人が現れれば嫁いでどっかに行くと思いますので
荒屋にしてしまっても良いという考えもありましたが、
あくまでも商売上の対外イメージのためのDIYでした。

ただし今回は雨樋を除いたとしても、塗料の仕入原価自体が
通常のシリコン塗料と比べて5倍くらい掛っているということと
プラス雨樋交換と高質なシーリング材の使用、網戸の全部貼り換え等で
作業日数が私と娘の二人で、自宅ですので近隣に音が出ないようにしながら
通常業務時間ではない日の出とともに始まり日暮れまでおこなって
1か月近く掛っているので、今回の自称DIYが実益に反映するかと言えば
残念ながら全く以って反映しないと思います。こだわりすぎました。

とりあえず今回のシリーズはこれにて終了です。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
では皆様良いお年を。




nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

まだ壁塗ります。 [DIYになるのでしょうか。]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

年末ですね。
もうみなさん忘年会は済ませている方が多いことかと思いますが、
アルコールでの失敗。これはですね。。。もう致命傷になります。
嗜好品として煙草もありますが、煙草での取り替えしの付かない失敗というのは
私自身は少ない気がします。
アルコールは社会的抹殺級の制裁、、、というより他人に迷惑どころか人身に関わる
ケースもあるので、そのような制裁を受けるのは当然と言えると思います。
私の知人でもアルコールで法に触れる行為はなくても、迷惑をかける人が
いまして、本人も素面にもどれば「また失敗しちゃった。。。」という
自覚はあるようなのですが、一度アルコールで失敗したのなら自分自身でも
アルコールで失敗するタイプなんだなぁと気にとどめても良いかも知れません。
これは決して差別的な意味でもアルコール否定でもなく、あなた自身の人生のために。

さて現場です。昨日の続きですが
DSC_0413 - コピー.JPG
この外壁の下の方は、下塗シーラー+中塗り2回が塗装済みで
赤丸のところが、模様を付けたところです。

そしてこれを仕上げたものが
DSC_0416.JPG
この状態ですが、アップで見ると

DSC_0442.JPG
このようになってます。
黒いつぶつぶとクリヤーを塗ってます。新築時の見た目に塗装で再現しています。
(スマホで確認したらスマホだと黒いつぶつぶは見えなかったです。
PCで画像クリックすると少し大きくなって見えるかもしれません)

DSC_0451.JPG
そして正面のアクセントで貼ってあるサイディングはこんな感じにしたのですが、
これはスズカファイン株式会社という塗料メーカーのWB多彩仕上げ工法という
特許で、作業中や塗装方法を明かすと特許侵害となってしまうので
これはどこもWeb上や紙面上での公開はしていないはずです、きっと。
施工前と施工後は大丈夫です。

そして、
DSC_0421.JPG
戸袋雨戸です。低圧温風ガンで吹付しています。飛散性が少なく
しかも温風で吹きつけるので大気に散った塗料ミストの乾燥が早いです。

次回でこのシリーズは最終回です。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。









nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

壁塗っていきます。 [DIYになるのでしょうか。]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

息子がフォトウエディングをするというので沖縄に、ということを
数記事前に書きましたが、それは9月の終わりの事でした。
撮影中、ずっと孫の子守りでして、私自身は甥っ子をみていた時期が
あるくらいですので、甚だ疲れました。
DSC_0379.JPG
そのときのものですが、ブクブク茶。これはテレビで言われているほど
美味しい物かどうかはあなた次第!という感じでした。(個人の感想です)

DSC_0377.JPG
(残波岬灯台より)
そんな中でも、今まで知らなかった沖縄県の県魚にされているグルクンという魚と
イラブチャー(熱帯魚のように真っ青な皮)ですが、美味い!
熱帯魚のような魚ということに関しては、ちょっと偏見があったのですが
味も食感も私的には大満足。

沖縄というと、ソーキソバ・ハンバーガーなどが主流という感じがしていたのですが、
沖縄はもっと魚を前面に出して観光PRしても良い気がします。
折角の観光資源なのにもったいないです。
ただですね、外国人観光客は私の想像の100倍くらいいました。
異国情緒満載な沖縄県でした。

さて現場です。軒天を塗ったあとです。
このシリーズの初めのころに、「クリヤー塗料で仕上げる時期は過ぎた」といったのは
DSC_0400.JPG
この面ですが、この場合自宅は別方法で塗装するので、
下塗りとして透明のシーラーを塗りますが、ちょうどクリヤー仕上げ塗料を
塗った場合も

DSC_0401.JPG
傷のある個所は傷の大きさ分だけ黒くなります。
ちょっと画像位置がズレていますが、一見透明なクリヤー塗料で
塗装出来そうでも、経年でサイディングに傷が出ているとその箇所は黒くなります。
色つき塗料で小さく塗装(タッチアップ)して目立たなく・・・といっても、建物全体ですと
その数は無数であり、ある塗料メーカーは
「それだともうクリヤー塗装で仕上げられる時期は過ぎているので
塗りつぶし(一色でペタッと塗る)ですよ。クリヤー塗装仕上げにするための
タッチアップ専用塗料はうちでは出していません。」と言われます。
クリヤー仕上げはサイディングの柄を生かしながら工事費用を抑制できる方法です。

自宅は
①クリヤー塗料で仕上げられる時期は過ぎた(私都合)
②サイディングの柄も必要(かみさん都合)
③塗装屋の家なので対外的にある程度は見た目を良くしたい(家族都合)
なので手数が異常に多い仕様になってます。

半年以上も更新しなかったので長くなってますが、
そして下塗り透明シーラーを外壁全面に塗った後、
DSC_0411.JPG
DSC_0412.JPG
このクリーム色っぽいサイディングは若干の凹凸があり陰影をつける様に
2色になっていますが、同色塗料で2回塗りつぶします。
そして

DSC_0413.JPG
陰影をつける様に少し明るい色で、凹凸に沿って塗りますが、
この辺はメタルフィギュアやミリタリーモデルの模型の
ウェザリングとドライブラシという塗装技法や、短毛ローラーで塗装しています。
これが非常に大変でした。

まだまだ塗りますが本日はここまでです。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。






nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

屋根勾配きついです。 [DIYになるのでしょうか。]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

最近また更新してますが、いずれも出だしで「塗装屋の」というのを
意図して省いています。
というのも、取引先から打診がありまして、
「屋号(事業所名)変えない?」と。
理由として、「〇〇塗装って名前のところに、リフォームの話を持っていくのも
お施主さんに対するイメージってものもあるし、もうやってるリフォーム内容が
塗装業務の一環じゃないしさぁ」という感じで。

先代である父親はまだ生きていますし、私を塗装業界に突き落とした
導いたのは先代ですので、なんか申し訳ない思いで〇〇塗装にしているのですが
やっぱり変えないとだめかなぁと検討中です。

ところでさらに8月のことですが、娘とともに10時の一服をしていると
「パパさぁ~」
この時点で違和感。普段仕事中はパパとは呼ばないので、なんだなんだと思っていると、
「ガンダムベースっていうガンダムのプラモデル専門店が出来んたんだって」
うぇぇぇぇ連れて行ってと言うことかい。
そして
DSC_0374.JPG
行ってきました、ガンダムベース東京。
なんか娘が欲しかったのは、フルフロタル?(古風呂樽?)とかいう
マスクを付けたマザコンロリコンおじさんが乗るシナチクとかいう
赤いロボットのプラモデルがお目当てだったようですが、
その屈折し過ぎた設定は如何なものかという感じで、
ガンダムってそういうものなんですかね。わかりません。

さて本題です。
DSC_0392.JPG
DSC_0396.JPG
屋根の下塗りです。日本ペイントのサーモアイ4Fという遮熱フッ素塗料ですので、
専用下塗りの白色シーラーです。

DSC_0399.JPG
それで仕上げの塗料を塗っています。
勾配が8寸勾配ですのできついきつい。屋根足場をもう少し細かく組めばよかった。。。

それで
DSC_0407.JPG
シーリングも抜いて

DSC_0409.JPG
このシーリングですが、オート化学工業株式会社の「オートンイクシード+15」という
ものを使用しています。本来この材料はシーリングの上に塗料を被せなくても
10年以上は耐久性がある(メーカーはもっと長期でも大丈夫と言っている)もので、
今回はシーリングの上にも塗装をしますが、塗膜が経年によりシーリング面で
破断しても、紫外線による劣化を抑制しようと考えたことと、変性シリコンで
薄くしごいて厚みが付かなかった場合、「薄層未硬化」という薄いシーリングは固まらないよ
という状態になり、ベタつきが出たりするので、この材料を使用しました。
一応ウレタン系のようですが、たしかに長持ちはします。が、高価です。
シーリング専門で食べている人もいるので具体的な原価は控えますが、
原価もさることながら、2液の変性シリコンより施工が面倒なので
手間も上がるかも知れません。
ただですね、サイディング住宅はシーリング劣化サイクルを他の工事と合わせないと
足場代が重複しかねないので、良い物にした方がいいのかなぁという気はします。

DSC_0410.JPG
充填し終えたところです。

そして足場を立てている最中に発覚した
DSC_0393.JPG
これ。軒樋の亜鉛メッキを施した金具かボロボロ。。。
竪樋付近のものが同じ感じです。
軒樋の上側から吊るタイプの金具ですが、ダメな部部だけ下側から支えるタイプに
してしまおうかと思ったのですが、娘から
「請け負った現場でもいつもお施主さんに考えてもらってることだけどさ、
長くこれからも住む家なら半端なことすると途中でさらに費用が
かかることもあるわけじゃんじゃんじゃん♪」
なんて正論もあり、今回の工事で雨樋交換追加になってしましました。グヌヌ
ドブ付けの亜鉛メッキ鋼製材が、築11年程度でぼろぼろになった原因は分かっています。
ただこれはもうインフラの問題だったり、設備工事にまで発展してしまうので
今回は腐食しにくい樹脂製+ステンレス製の雨樋に全交換です。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

意外と汚れてる・・・ [DIYになるのでしょうか。]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

殴る方も無論問題ですが、殴られるような場に親方の指導を無視して
行くのも問題なんじゃないのかなぁとおもったり、
しかもそれを「材料」にして問題提起するのもどうかと思いますし
それの調停役もはっきりしないとあっては益々ファンや支援者は
離れていってしまってだれも得をしないとは思ったり。

さて現場という名の自宅です。
DSCN1288.JPG
DSCN1290.JPG
DSCN1291.JPG

たしかこの「DIY」は台風時期だったのですが、足場はクサビ式足場です。
今年も台風や春先の強風で足場が倒れ、犠牲になった方がいました。
仮設足場が倒れるのはそもそも建物側に固定していなかった等の
どうしようもない原因もあるようですが、足場に取り付けた養生シートに風を受け、
その風圧で倒れることが多くあるようです。
クサビ式足場は単管足場と違って部材が細かく、しかもハンマーで叩き込むだけの
組み立てですから、強風や突風が吹いて足場が揺れ続けるとその連結部分から
足場が外れていくこともあります。

うちの事業所では春秋の風の強い時期はまずこの足場は使用しませんが、
今回は自宅であると言う事と、足場が倒壊した場合にその倒れた先に人家や
人通りがないこともあり今回はこの足場にしてみました。
そして都合が良いことに台風も直撃で来たのですが、
やはり養生シートは外しました。

足場がどこまで耐えられるのか業務上知るべきではありますが、
夜中に風が強くなって足場に上って落ちて怪我をして
医者にかかればただでさえ医療費が増えて国庫は厳しくなってますし、
「知りたかったし、出来ると思ったら落ちて怪我しました。」では馬鹿丸出しです。

足場倒壊事故は毎年報道されていますが、事前にある程度の
予報は出ていますし、直近になれば1時間ごとの風速と方角も予報されます。
それでもなぜ事故が起きるのかというと現場管理が出来ていないからだとしか
いいようがありませんが、今やなにも分からない会社がある日突然
元受になる場合や、最低限の現場管理を理解していないところも多いので
犠牲者遺族の方には申し訳ないですが、この手の事故は無くなりようがないです。

クサビ式だけではなくすべての足場は掛け方や使用・管理方法によっては
事故は起きますし、クサビ式足場も単管とクランプを主とした足場以上に
管理人件費を割り振れば安全な足場です。

と、まぁ。。。ブログを休もうと思った主因は、更新すればしたで
このような辛辣系になるからなんですよね。。。治ってない。。。
普段はニコニコして頭の軽そうな気のいい44歳のお爺ちゃんなんですがね。。。

ああ、そうだ!
うちは築11年ですが結構汚れてました。
高圧洗浄は大切ですね♪

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

久々です。 [DIYになるのでしょうか。]

埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

かなり久々の更新です。更新をさぼっていた反面、今年はイベントもおおくあったり
うちの業務自体が塗装専門ではなく、ほぼほぼリフォーム業になったため
慌ただしくなっていたのでそれらを理由にこじつけて更新さぼってました。ごめんなさい。

といいながら今回のシリーズはぽっちゃり親方の自宅の塗装工事です。エヘッ

自分の家も塗り替えしなくちゃなぁ~とか思ったり、お客様からも
「人の家塗り替えるのもいいけど自分ちはやらないのかなぁと思うんだよね」とか
ご助言をいただいたりと、やらなくちゃやらなくちゃと気持ちばかりで
時間も金もない!とずるずる先延ばしにしていたツケも出まして。

去年やるつもりだったのですが、去年はクロスの貼り換えをしたので
もう家の外回りなんかする気なんてサラサラ無く、今年になって
やろうと思ったのはいいのですが、息子夫婦のフォトウェディングに
沖縄に同行することが急遽決まったりと、お金が留まる隙もなく
今年も駄目かぁとおもっていると、家内が
「材料費も必要なんでしょ」とまとまったお金を出してくれたので
今年やっと出来ました。なんだかずっとリフォーム積み立てをしてくれていたようです。

自宅の塗り替えなので無論、事業資金からは出せませんし、私個人が
うちの事業所に発注するわけでもないので、これはきっとDIYです。
しかも専門職が懲りて二度とやるもんかと思えるほど大変なDIYになりました。

うちは
DSC_0381.JPG

DSC_0380.JPG
こんな家です。パッと見や、画像だとそうでもないですが、
結構ガタガタです。さきほど「先延ばしにしていたツケ」と言いましたが

DSC_0387.JPG
サイディングにヘアークラックが出てしまっています。
クリヤー仕上げにしようと思っていたのですが、クリヤーだと数年遅い状態ですので、
仕方なく別の方法に。

このシリーズは数回に分けてお送りします。
久々にもかかわらずお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅