So-net無料ブログ作成

アークと野菜とお勉強 [雑感]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

日曜日ですね、この前の。
DSCN3172.JPG
家庭菜園も始めたものですから、手入れをしなくちゃと畑(1坪未満)に出てみると
しばらくして娘が作業着で出てきて、ん?そんなに家庭菜園やることあったかな?
と、おもっていると倉庫でガタガタし始めて

DSCN3171.JPG
なんか溶接してます。
気になったので何してるのと聞いても内緒~☆という感じなので
あえて深くは聞きませんでしたが。。。

そして最近またブログさぼってますが、来月から入る大型現場の施工計画書を
つくりながら、国家試験のお勉強をしています。
ここ近年毎年受けていて全て1発合格ですが、一応今回の国家試験も手を抜かず
過去問も解いてます。
過去問は初見で98.7%の正解率でしたが、残りの1.3%が気がかりで
書店やネット通販で参考書などを入手して勉強しはじめました。
それで勉強した後に再度過去問にチャレンジすると、正解率

約94.6%

あほです。確率下がってますがな。
父ちゃん自分の馬鹿さ加減に情けなくって涙が出てくらぁ!って感じです。

会社勤めの多くの方たちは、上司や社長に指摘される前に自分自身を律して
新しいことに日々チャレンジしていると思いますが、私は上司が良い意味でも
悪い意味でもいないので、常になんか頑張っていないと「一人負け」になるので。
世の中一人勝ちは無くても一人負けはありますからね。
あと最低でも数年は毎年受験です。

たまに更新します。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所でフェンス支柱交換 [埼玉県リフォーム]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

それはこどもの日の事。娘と毎年恒例の家庭菜園の準備を
一通りやり終え、おやつを食べているときに起きました。

左の舌の奥がなんだかこわばるというか、なにか当たるというか。
それは徐々に違和感を増し、洗面所に行ってうがいをすると分かりました。

はじめは大豆程度の大きさの膨れ、急速にそら豆、そして卓球玉になりかけていった頃

それはパンクしました。大出血です。

どうやら口内炎が出来ていたのですが、無頓着のため気が付かなかったのです。
口内炎が出来てうっ血していたところに飲食時の口内の動きで
内出血が急速に始まりパンクして出血したのですが、痛い痛い。。。

始めは訳が分からず、腫瘍か何か悪い病気かと思い住宅ローンもまだまだ残っているので
今週月曜日は天候が悪かったために、久々に医者に行ったのですが
「すごい大きい口内炎ですね。」という診断で、口蓋左奥に出来た
卓球玉の大きさの口内炎に塗る薬をもらってきましたが、
まだ痛い。。。

さて現場です。
DSC_0436.JPG
フェンスの支柱ですが、子供がいたずらで乗り越えたりすることが多かったり
掲示板を括り付けていると風に揺すられ続けると根っこから折れることもあります。

DSC_0437.JPG
もう折れているので一見何でもないようでも、指でつまんで持ち上げただけで
取れちゃいます。

DSC_0438.JPG
(手持ちのハンマードリルにコアを付けてブロック内部に残った支柱を抜いてます)
このフェンスはどこにでもある丸型支柱のフェンスに見えますが、
丸型支柱でも製造メーカーや種類は沢山あり、今回のものは流通量が少ない物でして
品物の特定と、流通経路の確保が難しかったものでした。

似ているようなものでもフェンスの網が付きにくかったりするので、
そのものずばりの同製品がよいのですが、中にはもう生産終了や
モデルチェンジするのもあるので、サイディングもそうですが
異常が出た時には交換・修理のしやすい流通したものが
良いのではないかなぁなんて思います。
うちみたいな商売として行っているところでも流通経路の確保が難しい製品ですと、
一般の方が気合と根性でDIYでやってみるかと思っても、多分入手できないです。

DSC_0026.JPG
そして支柱交換完了です。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所でサイディング貼り4 [埼玉県リフォーム]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

今年の2月の事です。20数年ぶりに友人たちと会い呑みました。
とはいっても私はほとんど呑めませんが。

去年だったかちょっと記憶が定かではないのですが、
スマフォのラインを始めた時、一斉送信になってしまい
お客様から取引先、知人までラインの正体というのが自動送信されてしまい、
非常に困ったことになったのですが、そのときにあちらこちら古くからの
個人的に付き合いのある人たちにもline通知が行き、
久しぶりだねということで、今年になり一杯呑んだのですが。

やはり20数年の月日は大きく、当時は設備屋さんに勤めていた友人は
今ではうちの数倍の規模の会社の社長ですし、
1.〇倍というなら太刀打ちできますが、数倍ともなると完敗です。

当時はみんな勤めていたり修行中の身だったので、修行がきついとか
給料はどうだよねや馬鹿な話ばかりしていましたが、
今では「がん保険ってどこに入ってる?」とか「住宅ローンって失礼な事聞くけどいくら?」
とか、「おれはおじーちゃーん!」などの話で。

20数年というのは大きいですね。

さて現場です。
ALCという壁には窯業サイディングは貼れないとメーカーは言っています。
問題はその窯業サイディング自体の重量なんですが
DSCN1263.JPG
(完成画像です)
そのためにちょっと変わって下地を組んでいます。
なぜブリックタイルから窯業サイディングにしたかというと
①この記事のシリーズが始まった時から書いてますが、この現場は
 天井と床タイルは工事をしない方向だったので、壁の出幅は変えられなかった。
②そのために旧薄型ブリックタイルから厚みのあるブリックタイルに変更すると
 重量の問題が出る
③薄型のブリックタイルに変更すると、下地や接着剤の費用がとてつもなく
 大きくなってしまう。
④では変わった下地を組んで雰囲気の良い感じの窯業サイディングにしよう

DSCN1256.JPG
となり、なんとかしています。窯業サイディングは旭トステムのもので
サイディングの継ぎ目のシーリングが不要というものです。
ただこれは屋外で使用すると窯業サイディングは、雨水や太陽光で
伸縮するので、シーリング不要にしたジョイント部が経年で隙間が目立つのかなと思います。

DSCN1257.JPG
今回ブログで下地を組んだ画像は非公開にしたのは、近年変わったことをすると
画像の抜き取りがあるようで、それで非公開にしました。
下地組み込みのヒントは天井の軽天と幅広胴縁です。
継ぎ目を極力減らすためにコーナー役物は使用しないで本体のオール留め切りです。
オール留め切りなのでマルノコは右勝手と左勝手でやってます。

とりあえずこんな感じで完成しました。
次回は折れたフェンスです。

今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所でサイディング貼り3 [埼玉県リフォーム]

どうも 埼玉県三郷市のほっちゃり親方です。

スマフォのWi-Fiの接続が出来ずどうやっても無理でした。

そんな中最近迷惑メールが山のようにたくさん来るようになり、
最近は主にラインでの連絡になったため、家族以外スマフォのメールアドレスは
教えていなかったので、アドレスを変えようと色々していたら
よく分からなくなってしまったため〇〇ショップへ行きました。

そうしたら、お店の人から「Wi-Fi壊れてますね」と言われたのですが、
Wi-Fiだけ壊れるんかいな、と思いつつ色々お話を聞くと
Wi-Fiの部分(プログラムだか何か)だけ壊れるというのがあるらしく、
修理か買い換えと言われてしまい、メールアドレス変更の仕方を聞きに行ったのに
思いもよらない買い物をすることになってしまって困りました。

が、プランの変更を勧められて聞くところによると、
月に5000円くらい安くなると言うのです!
あぁ~よかった♪

さて現場です。前記事で「ふかしてある」という単語で
よく分からなかったと思いまして、画像を確認しても
閉まった場所が分からなかったので
DSC_0332.JPG
このブリックタイルが貼ってあった状態は

DSCN3165 - コピー.JPG
こんな感じでボンドが団子状に付いていて、隙間が開くように貼ってあったのを
「ふしかして貼ってあった」というふうに記載しました。

それで圧着工法と記載したのは
DSCN3166.JPG
こんな感じでボンドをつけてグイっと押し付けて貼る方法です。

とりあえず明日でこのシリーズは終わります。
そしてそろっとタイトル変えました。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所でサイディング貼り2 [埼玉県リフォーム]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

40代と言えば社会的には中堅ではないかなぁと思うのですが。

某まとめサイトを見てみると、
´酒が人をアカンようにするのではなくその人が元々アカン人だということを酒が暴く´
という画像がありましたが、会見を見る限りそもそもの自覚のなさが垣間見えます。
あの県もあの県で、イメージダウンの払拭のため起用して
神輿にして利用していたのにいざ問題が露見すれば切り捨てです。
登場人物全部変

さて現場です。とりあえず既存のブリックタイルは全部剥がすことに
DSC_0332.JPG
なったのですが、壁厚をふかすのに端材でかさまししてあります。
天然石なんかも量を増すために入れてありましたが、天然石はそもそも重いです。
画像で見ると下地の壁のグレーに見えるところはALCに薄塗り用モルタルを
しごいてあるところです。
その面で白くなっているところは接着剤が団子状についていていたところで、
接着剤を取るときに深さ5~8㎜くらい薄モルタルごとALCが剥がれたところ。
ちょっと濃いグレーの点のところはその接着剤がそもそも剥がれていたところです。
その接着剤というのはGLボンドという接着剤でした。
それでブリックタイル同士の目地にはブチルコーキングが使われていて
うちと同じような業種の方はこの現場つっこみどころ満載だと思います。
そもそも壁厚をふかした理由ですが、それは推測でしかないので
記載しませんが、ブリックタイルでシュタールネット工法という方法を
取らないならブリックタイル裏側全面に専用接着剤を塗って押し付けて貼る
圧着工法のほうがまだまともだと思いますが。

そして
DSCN1179.JPG
DSCN1177.JPG
DSCN1178.JPG
DSCN1181.JPG
全部剥がしました。
既存は薄いブリックタイルでふかしてあったため、それに沿って
白い天井も床のタイルもALC壁から離れてしまっているので
天井も床もいじることなく仕上げようとすると、ふかし分を考慮した厚みのある仕上げ材か、
薄い仕上げ材でALC下地壁からふかしてやるかの選択かなぁとなりましたが、
厚手のブリックタイルや仕上げ材は厚い分だけ重さがありますし、
薄ければ薄いで接着剤を使うとなると3立方メートル(1m×1m×3m)程度の
接着剤が必要となり接着剤の仕入れ値だけで120万円以上かかるので
現実的ではないなぁという感じで、よしこれでいこうと考え出したのが
今後の記事です。連休中にはこのシリーズは終わらせます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。






nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。