So-net無料ブログ作成
埼玉県で屋根葺き替え1 ブログトップ

埼玉県某所で屋根葺き替え1 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

台風ですね。近年は海水温の上昇に伴い、日本近海で台風が発生したと思ったら
あっという間に日本に接近してしまうので、足場のシートの撤去や
作業進捗の変更が急務となり慌ただしくなる時が多いです。

足場の倒壊事故が毎年ありますが、足場に付けたシートや防音パネルが
強風を受けることにより倒壊することが大半で、
各法令でも足場倒壊の防止とありますので、倒壊させた場合は
社会的責任を受けるのは当然になります。

それで昨日は
DSCN3306.JPG
人員を多めにして、主要な作業箇所を終わらせて
シートと養生(ビニール)を撤去してきましたが、
木曜日午前3時の三郷市は風速18mと予報では出ていますし
現場の葛飾区午前2時では風速24mとウェザーニュースでは
予報が出ていますので、ちょっと一安心です。

さて現場です。

話はさかのぼって今年の春先まで戻ります。
始めは雨漏りのご相談でしたが、仕様や時期の問題で
先月になって工事をした現場です。
DSCN3177.JPG
この屋根です。2階建ての1階部分の屋根で下屋根(げやね)といいます。
屋根の種類は芯木あり瓦棒葺き屋根、または心木あり瓦棒葺き屋根と言う屋根です。
屋根にいろんな屋根があります。
屋根の勾配によって適・不適があり、または初期費用やメンテナンス費用などもあり、
一概にこれが一番良い屋根ですとは言えません。

また雨漏りしやすい屋根や経年や災害により不具合が出ると、
改修するのに面倒なことになる屋根もあります。

DSCN3176.JPG
現地調査でこの屋根に上った時ですが、
屋根がメコメコ グニャグニャで、屋根の棒状のでっぱり、
これがあるので芯木ありなんていいますが、この芯木の上じゃないと
屋根を歩けない感じで、ありゃ結構下地の野地板まで
腐ってるのかなぁといった感じで。

DSCN3173.JPG
アルミテープも貼ってあったので、穴も開いているのかなぁといった具合です。

下屋根の葺き替えは結構面倒です。簡単なやり方はありますが、
それは雨漏り防止の止水はコーキングによるものだけですので、
災害などで建物にゆがみが出たり、経年によってコーキングが裂けると
雨漏りします。

また下屋根にはベランダが載せてあるケースが多く、
アルミ製のものはまだボルト等で止め付けてあるのでいいのですが、
鋼製ベランダは火花の出ない切断工具でばらさないと作業が
出来ない場合はほとんどですので、そういう意味では
大屋根の切妻屋根のほうが簡単です。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え2 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

台風が来ていて屋内工事もないので、休みかと思えばそうでもなく
打ち合わせや振り込みなんかもあっていろいろです。
その振り込みは酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習という講習費用なんですが、
今年の6月におこなった吉川市の雨水ポンプ場の作業時に、元請さんから
今度から地下水路内の工事なんかもお願いするから取ってきてね。と言われたんですが
この講習会、3日間なんですよね。娘と二人で。

さて現場です。
DSCN3179.JPG
アルミのベランダを分解して移動した後です。
分解・組み立てもしゅっちゅうやっていれば楽にできますよ。
瓦棒葺き屋根の平らになっている部分は溝板(みぞいた)といいますが、
壁際の部分がサビサビです。穴も開いちゃってますが、
雨漏りの原因はこれではないような気がします。
溝板が錆びて穴が開いても、ベランダの屋根も床もありましたし、
雨の直撃は受けにくいですし、なにより下葺き材(今後の記事で詳細があると思います)が
あるはずで、まぁその下葺き材が機能していれば、ですが。

DSCN3180.JPG
雨上がり後なので濡れてます。

DSCN3181.JPG
ベランダの足が棟包に乗っていましたが、この上に足を乗せると
不具合が多いです。重みに耐えかねて座屈して「への字」に折れたと思うんですが
補修?した形跡がありました。

それで壁の中まで屋根材が入って埋め込まれているので
DSCN3182.JPG
壁に切り込みを入れます。
壁材が横張りサイディングの場合は屋根材の直上の
サイディングを取り外すのが簡単な場合もありますが、
モルタル外壁の場合は壁を切断して壁を壊して屋根材を引き抜きます。

前記事で簡単なやり方があるとお話ししましたが、
その場合は壁の切断や壊しを行わずに、この上に
板金を被せてビスで留めてコーキングします。

それはお客様側の好みや見た目を我慢できるかという点と
費用の問題です。
今回のやり方はしっかりできますが、日数も工程数も費用も多くなるのが
デメリットです。

DSCN3183.JPG
それで屋根材が入り込んでいる部分のモルタル壁を
撤去していきます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え3 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

今日も台風の影響を懸念して現場はお休みしました。
ですので時間があったので、魚の目治療のためにちょっと前から
皮膚科に通っているのですが、午後の診察時間に行きました。

携帯電話は仕事柄肌身離さず持っていますが、一応病院のため
影響はないとは言われているようですが人目を気にする性格のため、
車内(臭くない乗用車)に電話を置いていきました。

診察が終わって車に戻ると着信が何件かあり、うち1件は非通知。
よく非通知のワンギリがあるので気にしなかったのですが、
履歴を見ている最中に非通知の着信がかかってきました。

いつもはワンギリですが何回か鳴っているので出てみると
よく聞き取れなかったのですが、
「月刊アウフ〇×ベンですが」(よく聞き取れず)
というので、アウフヘーベン?どっかの都知事みたいだなと思っていると

「今回芸能人との対談という形で御社にインタビューしたいのです。」
またかぁ~今年の春先はたしか藤圭子だったような。イタコかよ。

「今回お招きする芸能人は引退間近の〇室〇美恵さんです。
取材費として今から言う口座に50万円振り込んでくだ」
「おまえは馬鹿か
どんな事情があったらこんな個人事業主のインタビューなんて安〇奈〇〇が
引き受けるんだよ!」と言ったところで、
「こういう詐欺まがいのことはやめなさ」
ツーツーツー
電話をきられましたが話題の人みたいですからね。ネタにしやすいのかなぁ。
でもスカーレットヨハンソンだったらわたし、騙されていたかもしれません。
世の中って怖い。

こういう電話、たまにあります。

さて現場です。
DSCN3185.JPG

DSCN3184.JPG
壁の中に埋め込んであった雨押え(あまおさえ)を外して

DSCN3187.JPG
カッパ(芯木のカバー)を外してから 溝板も外して

DSCN3189.JPG
これが前記事で書いた下葺き材です。
壁まで立ち上がってたほうが良かったです。
ちょこちょこ破けています。画像では分かりにくいですが
中ほども裂けてます。以前増改築したと言うので、そのときに
破いたまま屋根を足したのかも知れません。
外壁もそうですが、下側(内側)に貼る防水紙がありますが、
これに異常があると雨漏りすることが多く、コーキングで塞いでも
コーキングが耐えている期間は大丈夫になる場合もありますが、
コーキングが傷むと再度駄々漏れするケースがあります。

それでお施主様との以前からの打ち合わせで
現状と同じ屋根にしてほしい、
不適なところは高額にならない範囲で適切にしてほしい
野地板も傷んでいるようだったら張替えてほしい
下地も直せる範囲でお願いとの内容でしたので
DSCN3190.JPG
下葺き材も

DSCN3193.JPG
DSC_0033.jpg
野地板も撤去。

通常、屋根材の撤去位までは慌ただしくないですが、
もともとの下葺き材も半端でしたし、この骨組みの下は
居室なので猛烈に慌ただしいです。

この状態でゲリラ豪雨が来たらお終いです。
ただお客様は工事だからね、一時的に屋根を無くしてもらうから仕方ないよと
言ってましたが、こちらは気が気じゃない。

通常はリスク軽減のため、もともとの下葺き材の上から合板を重ねて貼る
増し貼りにします。
室内の家財道具もそうですが、電気がまずいです。
漏電はまずいので大急ぎです。この時は7月上旬のとんでもない
気温の中でしたのでちょっとハァ~ハァ~しちゃいました。

DSC_0032.jpg
そしてこれ。当時の増改築の時に屋根が大きくなるため
垂木を伸長してますが桁や元の垂木に留め付けてないので、雪などの
荷重がかかった時に足し増した垂木が動いて野地板も
動いて下葺き材を損傷したんだと思います。

それで不具合のあるところは撤去して
DSC_0035.jpg
付け替えて

傷んだところも
DSC_0034.jpg
交換。割り付けは455ピッチです。

それで掃除して断熱材を入れた後に
00000095.jpg
合板を貼ります。合板で良い地域とダメな地域があります。
その辺はお願いする工事業者さんに役所に確認してもらってください。
でもこういうことをする業者は都市計画図は大体持ってます。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え4 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

なんだか忙しい忙しいと言いながら、休憩時間は娘と一緒に
モンストしてます。ゲームです。
お金がかかるのかと言えば、私も娘もお金をかけないで
遊んでいるのでいいのですが、
どこかの自治体主催?のオリンピックも自ら
ボランティア枠を作ってタダ働き人員をお金をかけずに
集めようとしているようで。

これはまさに人それぞれの受け止め方で、滅多にない行事だから
参加したいと言う方もいれば、運営側の資金不足を棚上げして
自らタダ働き人員を集めるのかと言う方もいると思います。

私一個人の思いは、現状を鑑みた個人が自ら手を挙げて自然に行うものが
ボランティアであり、運営側が災害復旧でもないのに大義名分を
掲げてルール作りをしたうえでタダ働きしにきてくれよ☆というのは
労働搾取の人権侵害かもしれない気がするようなごめんなさい。

さて現場です。
00000095.jpg
前回はここで終わりにしたような気がしますが、
この合板を張っているときは

「暑い暑いっていってるけど大したことない気がするよねぇ~」
なんて親子で話していましたが、

00000131.jpg
アスファルトルーフィングです。

DSCN3194.JPG
水下側から張っていきます。

DSCN3196.JPG
張った直後に高温化しました。
法改正して別材の製造を促せばいいのに。
下葺き材で、屋根材と合板の間に入ります。
この下葺き材が適切に張られていればまず雨漏りしないです。
台風などで破けなければ、普通の雨なら雨漏りしないです。きっと。
うちでは少なからずこの下葺き材を張った後で雨漏りさせたことはないです。

が、仕上げ材を間違えて取り付けたり、下葺き材を傷つけたまま
仕上げ材を取り付けると雨漏りすることが多いようです。

屋根仕上げからそれほどの期間も置かず雨漏りが頻発する
建物は下葺き材を疑ってみるのも一案です。

それで
DSCN3197.JPG
瓦棒の芯木を取り付けます。うちでは珍しく釘打ち機で
留め付けてます。下地の垂木に打ち込んでます。

芯木あり瓦棒葺き屋根の弱点は芯木が腐ることです。近年ではこの芯木が
樹脂製になっている製品もあります。瓦棒専用としては出ていませんが
寸法の規格としては合います。

なぜ今回縦葺き屋根の瓦棒だったのかというと屋根勾配です。
1寸3分という勾配で非常に緩やかな屋根です。
横葺きの金属屋根もありますが、勾配が適用していません。
もしかしたら探し出せばあるのかも知れませんが。

勾配の問題により縦葺きの種類の1つの芯木あり瓦棒葺きに
なりましたが、またこの芯木自体無い、芯木なし瓦棒というのもあります。
これは芯木の部分の板金をかしめて(つぶして)取り付けるので、
芯木の部分の板金の着脱がちょっと面倒です。

DSCN3198.JPG
(芯木を留め付けた後です)

また芯木の部分が棒状に立ち上げてあり、一部はめ込み式の規格品も
ありますが、屋根形状によっては割り付けにより、リフォームの場合、ちょっと
不都合がでる場合もあります。

基本的に仕上げの屋根材は下地の垂木に留め付けたほうが
良いのですが、上記の立ちハゼというような製品は
メーカーによっては屋根材を下地の無い合板にビスで留めても良い、
という解答なので、下地のない合板からのビスの引き抜き強度は
不安しかなかったので、屋根材のメリット・デメリットを
お客様と打ち合わせをして、
「40年持った屋根だから同じものにしてほしい」
という形になって、芯木あり瓦棒です。

芯木あり瓦棒は二十数年くらい前は、先代とよくやってましたが、
近年は部分的な修理しかしていません。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え5 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

夏を過ぎたころ、映画のプレデターシリーズが公開されるようです、多分。
今回はプレデターVS新種プレデターのようで、
見に行きたいと思い、娘に話を振ると
「え、勝手に行けよ、私になんで話振るんだよ」と素っ気なくて悲しいです。
去年までは私が支度していると
「あれ?どこに行くの?なんで言わないの」と言って
勝手に支度し始めてどこでも付いて来たのに彼氏が出来たと思ったら
この仕打ちです。あんまりです。

仕方がないので家内に話を振ると
「あんたが見たいのってホラーかゾンビかエイリアンじゃん。私そんなの興味ないよ
私が見たいのは暖かい家族映画だよ。」

暖かい家族って。

さて現場です。溝板の加工です。
00000108.jpg
この板金を

00000110.jpg
この道具、ロールバッタでコロコロして
(私の使用しているのは特注品ですので、通常のロールバッタより全長が長いです)

00000124.jpg
このように加工しますが、水上(勾配の上)のほうは八千代折します。
折り曲げが面倒だからと言って切断加工してはダメです。
止水目的で折り曲げて加工します。
平板板金は厚みに規格があり、0.27mmは屋根ではまず使用しませんが
0.27mmは薄いので簡単に曲がりすぎて返って自分は苦手です。
厚さ0.35mmを使用しています。

でも全部が全部、このコロコロする道具、ロールバッタでは
折り曲げていません。
00000099.jpg
こんな機械でお願いしてます。
現場で溝板の幅の微調整が必要なところだけ
ロールバッタで加工して、八千代折は全部現場で加工していますが、
直線のみで加工が完了する折り曲げはお願いしてます。
ロールバッタで全部行うとすごい手間が掛るので。

それで
00000102.jpg
芯木と芯木の間にハメて、釘で留めます。

DSCN3200.JPG
軒先は、合板張付けのあとに取り付けた唐草板金に巻き付けてかしめて

それで
DSCN3203.JPG
溝板の取り付けは出来ました。
この水上側の八千代折の加工の日は取り付けよりちょっとだけ時間がかかるため、
岐阜県で日本最高気温を記録した日でもあったので、危険を感じて
私一人で現場に行って加工はしました。
普段汗をかくと言ってもせいぜい肌着までか、ニッカポッカの太ももの部分までですが、
この日は靴が汗で水没して靴ごと水道ホースで水をかけたような発汗で、
ちょっと前に3がつく数字と3の倍数でアホになるという芸人さんが
居ましたが、この日の私は全部の秒数アホになり、
さらにアホが加速する状態で、15時くらいに あ、死ぬ と
死を感じて帰りました。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。





nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え6 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

今日はかみさんと私の実家の両方に
盆で顔出ししてきましたが、帰りに娘がコンビニによってというので
コンビニに寄ってみると、結構な量のおやつを買ったので
あぁ~DVDの孤独のグルメでも見ながら食べるんだなと思っていました。

それで先ほど20時ごろに、娘が一緒にテレビ見ようよというので
なんぞ?と思っていると心霊番組。。。。
結局一人で見るのが怖いもんだから一緒に見てました。

自論ですが、「今度とお化けは出た試しがない」。

さて現場です。(これは7月の現場です)
DSCN3204.JPG
芯木の部分にカバーを取り付けて

DSCN3206.JPG
棟包の下地 貫板を取り付けて棟包板金を取り付けて
(この貫板も樹脂製がありそのほうが耐久性は高いです)

DSCN3210.JPG
それで旧屋根材を引き抜くために撤去したモルタル外壁を

DSCN3212 - コピー.JPG
左官で補修して

DSCN3211.JPG
数日間、モルタルが固まるまで放置します。
この放置期間は養生期間と言います。
モルタルなどのセメント系材料は乾燥硬化ではなく
水和反応による硬化なので、ブルーシートなどで
施工後ただちに覆って、乾燥しないようにするために
この画像は湿潤養生が終わった後です。

乾燥させて硬化させてしまった場合は硬さが足りなくなるなどの
不良が出ます。

また気温が高いと水和反応が早く出ますが、
材料温度が高すぎるとセメント系材料の施工後、
強度発現は早くても必要硬度に至るまでは
むしろ時間がかかるようになる等、セメント系材料は
気温や天候、その他結構考慮する必要が出る材料です。

ですので、左官作業後、塗装に移行するまで
その作業箇所は休工することになります。

明日でこのシリーズは終わります。
本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県某所で屋根葺き替え7 [埼玉県で屋根葺き替え1]

どうも 埼玉県三郷市のぽっちゃり親方です。

どんな管理体制なのかなぁと思うんですけどね。
逮捕して拘留中に逃げられちゃうとか。
それで捜査員増員して探しますよ、ですからね。。。
これって塗装業界で言えば、塗装作業前の
養生作業(マスキング)がいい加減で、非塗装物や客先の財物を塗料で汚損して
「あ~汚しちゃったけど人員増員して綺麗にしますよ~追加費用よろしく~☆」
ってのと代わんない気がしたり、

警察の予算はうろ覚えですが、年間3兆円以上で
たしか海上保安庁の10倍以上です。
総務省消防庁の年間予算はたしか150億円程度です。
(間違っていたらごめんなさい)
警察は法令順守の意識や、公金使用での商売というのを
学んでみてもいいと思います。

さて現場です。
DSCN3232.JPG

DSCN3235.JPG
モルタル外壁の弱点の1つとして挙げられるのがクラック(ひび割れ)です。
また打ち継の位置はモルタルの収縮により打継位置で
クラックが入りやすいです。その発生抑制のため
高弾性型の下塗りと上塗りを使用しています。
(上の画像2枚は下塗りです)

DSCN3236.JPG
壁内部にも下葺き材を立ち上げたり防水シート等を使用して、
クラック発生時の雨漏りは防止していますが、
やはりクラックの発生は抑制すべき問題ですので、
高弾性型を使用しています。
クラックと言ってもサイディング外壁の住宅で
目地にシーリングを多用している場合もやはり
シーリングが経年により破断すればクラックといえますが。

DSCN3237.JPG
DSCN3238.JPG
これで完成です。見た目を同じくすると言うのは
左官が大変でしたが、なんとか波打ったような凸凹した元の
左官になりました。

それで
DSCN3239 - コピー.JPG
バルコニーも復旧。

以上でこのシリーズはお終いです。
全部で7話でしたが実際にはもっと日数は掛っています。
台風の時期であったり秋雨が気になる季節になってきたので
次のシリーズはまた屋上防水になるかも知れません。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
埼玉県で屋根葺き替え1 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。